百合道、始めます!

百合漫画・百合アニメ・百合ゲーなどのレビューブログ・著作権からの削除要請には速やかに対応させていただきます・ 相互リンク募集してます(*´▽`*)

百合RSS

よりもい 昔ばなし 泣いた報瀬

本日は節分なので、よりもい昔ばなし『泣いた報瀬(原作泣いた赤鬼)』をお送りします。文章が変だとか、矛盾とかツッコミ所があっても、細けぇこたぁいいんだよの精神で閲覧していただけたら幸いです。万が一不快に感じた方がいたら申し訳。

前回の昔ばなしはコチラ⇒泣いたゆづ鬼

※3分かからず読み終えることができます。

よりもい 昔ばなし 泣いた報瀬

これはむかし、むかしのお話しです。ある山の中に一人暮らしの、報瀬という鬼がいました。

FullSizeRender

報瀬「人間の友達欲しいなぁ。笑顔が第一印象……」

ずっと前から報瀬は麓に住んでいる、キマリ、ゆづ(以下キマゆづ)という人間たちと仲良くなりたいと思っていました。

FullSizeRender
 
そこで、自分の家の前に看板を立てて張り紙をしました。

『ここは心の優しい、報瀬の家です。どなたでも遊びに来てください。おいしい柿ピー。飲み物は緑茶(五月でもホット)を用意しています。』

報瀬は家の前をうろうろしたり、物陰から看板を眺めていました。しかし、キマゆづは遊びに来てくれませんでした。報瀬は信用されないことが悲しくてしょんぼりしていました。

FullSizeRender

そこへ、鬼友である日向が訪ねて来ました。理由を聞いた日向は、報瀬のためにある計画を立てました。

日向の計画

日向の計画は自身が麓に住む、キマゆづの家の前で大暴れをする。そこへ、報瀬がやって来て、日向を懲らしめる。

そうすれば報瀬が優しい鬼だと伝わるというものでした。

FullSizeRender

報瀬「それじゃ日向に、迷惑がかかるんじゃない?」

日向「大丈夫だから任せておけって。な?」

そういって、渋る報瀬を日向は無理やり引っ張って、キマゆづの家の近くまで行きました。すると、タイミングよくゆづキマは、家の畑の前でおしゃべりをしていました。

日向「演技は本気が大事だからな!」

報瀬「(ドキドキ)……え?うん、本気ね。本気、本気が大事……」

日向はキマゆづの前に飛び出し、こう言いました。

FullSizeRender

日向「わ、私は悪い鬼で、あ、暴れて畑を荒らしちゃうぞ~(棒」

ゆづ「は、はあ……(私より小さくてあまり怖くないなぁ」

キマリ「小さな鬼だね♪ゆづきちゃん!」

日向「小さくても心は大きい鬼だぞ〜!畑を荒らしてやる~(棒)。」

日向は畑を荒らし始めました。そこへ、すかさず報瀬が飛び出して、こう言いました。

FullSizeRender

報瀬「やや、やめるんだ!わりゅい(悪い)鬼の日向め!や、やしゃしい(優しい)鬼の報瀬が、懲らしめてやる~(超棒)」

日向「(棒読み過ぎだ。あと、台本隠せ報瀬。とりあえず私へ、本気の演技で一発を入れて懲らしめろ!)」

報瀬「(ごめんね、日向っ……)」

泣いた報瀬

FullSizeRender

日向「はうあーっ!!!!!!」

報瀬「ああっ?!や、やっぱり?ごめんっ、ごめん!痛かった?大丈夫?」

日向「頭に砕氷船がぶつかったと思ったよ!!何で全身全霊、ありったけ力で叩いたの?!」

報瀬「だ、だって、日向が本気でって言うから」

日向「言ったけど、本気の演技だよ!!本気のえ・ん・ぎだよー!!」

報瀬「じゃ、じゃあ、もう一回。今度は軽く叩くから、ね?」

日向「また叩かれるのかよ?!」

報瀬「じゃあ、全部、最初から。最初からやり直そう」

日向「全部、最初から?叩かれるのは変わりないし、すでにそこの2人にやり取りを見られてるんですけど?」

キマゆづ「……」

日向「時々、報瀬にはイライラしてたんだよ!やること極端だしさ、残念美人!ポンコツ!」

FullSizeRender

報瀬「カッチーン!(怒)。私が残念美人でポンコツなのは関係なくない?」

日向「関係あるよ!!ポンコツだから聞き逃したんだろ?」

報瀬「ガーン!!っていうか、聞き逃すくらい誰だってあるでしょ?それをネチネチ、背も心も小さいんだから!!」

日向「あ~っ!!それを言っちゃぁ、お終いだよ!!」

FullSizeRender

ついに、報瀬と日向は畑の中で取っ組み合いのケンカを始めてしまいました。これにはキマリもゆづも苦笑いを浮かべて見守るしかありませんでした。

日向「ペンギンが好きなら、勝手に南極でも北極でも、どこでも行けばいいじゃん!」

報瀬「言われなくても行ーきーまーすー!」

日向「そうだよ!報瀬は頭良いんだから、絶対南極観測隊員になれるよ!」

報瀬「えっ?///。な、何よ、頭良いのは日向も同じでしょ。どうせなら、一緒に行きたいっていうか、行って欲しい……」

日向「えっ?///。何だよ、急に。でも、そういう報瀬の素直じゃない所、嫌いじゃないっていうか、好きっていうか……」

報瀬「なな、そっちこそ何よ。急に、この笑顔の天才」

日向「何だよ、ポジディブちゃんのくせに」

報瀬「脚早いくせに」

日向「そっちだって、自然に笑うと可愛いくせに」



FullSizeRender


報瀬「んんん~っ!」




FullSizeRender


報瀬「んんん~っ!」


FullSizeRender

報瀬「日向~!」

日向「報瀬~!」

ケンカの末に報瀬と日向は涙を流して抱き合いました。そして、2人とも前より、ずっと仲良くなれた気がしました。


FullSizeRender


ゆづ「何があったんです?」

キマリ「さあ?でも、悪いことじゃない気がするよ。あっ……」


FullSizeRender

曜子「農具ってバカな娘や鬼をお仕置きできるかもね~」

泣いた日向 エピローグ

畑を荒らしたことで、帰宅したキマリの母曜子にこってり絞られた、報瀬と日向。その理由を全部話しました。

2人は許してもらうことができました。そして、報瀬、日向、結月、キマリの4人は仲良くなることができたのです。


泣いた日向 完……?



日向「マジか~?」

報瀬「ほ、本当に?」

ゆづ「私の代わりになってくれて感謝してます」

キマリ「久しぶりに結月ちゃんもどう?」


FullSizeRender

ただ曜子から許す条件として、栽培しているドリアンの味見係に任命される報瀬と日向なのでした。

めでたしめでたし♪

日向「全然っ、めでたくない!!」

報瀬「あ、でも、慣れたら美味しいかも?」

よりもい 昔ばなし 泣いた報瀬 まとめ

2月3日は節分だからやってみました。絵が描けないので、文章でよりもいを応援。前回は感動ものだったので、今回はコメディになりました。というか、報瀬が勝手に動いてこうなりました。

最初の写真でゆづが吐きそうになっているのは、ドリアンの味見をしていたという伏線です。報瀬にキマゆづが近づかなかったのは、1枚目の写真が報瀬のできる精一杯のポンコツ笑顔だから。日向はケンカの途中で、自然に笑うと可愛いと言ってます。←妙なこだわり伏線。

ケンカしてる部分の元ネタは、お気付きの方はいると思いますが日常の焼きそば回です。ちな、日常は博士パートが一番好きです。

よりもいファンの癒しになれたら幸いです。ご清聴ありがとうございました(*'ω'*)

↑よりもいファンならいっとく?↑

よりもい 貴子 吟 かなえから考察した感想

よりもいは女子高生4人の物語ですが、同時に大人たちの物語も展開していきます。

※この記事は3分あれば読めます。

そこで、今回は大人たちのメインキャラである、3人にスポットを当てていきます。

FullSizeRender
藤堂吟 小淵沢貴子 前川かなえ

よりもいの大人たちを代表する、貴子、吟、かなえ。彼女たちから色々と考察して感想を語っていきます。

大きく3つに分けています。

・貴子≒キマリ 吟≒報瀬 かなえ≒日向 という対比 3つ

・藤堂吟と前川かなえを主な名言・シーンから考察 6つ

・よりもい 藤堂吟 前川かなえを名言、名場面から考察した感想 まとめ

貴子≒キマリ 吟≒報瀬 かなえ≒日向 という対比

FullSizeRender

以前よりもいのオフでいしづか監督が、貴子=足りないキマリとおっしゃっていたと聞きました。そうすると、似た者同士認定されている吟は報瀬。ポジション、行動的にかなえは日向になります。

三者三様、どの辺が似ているかを見つけていきます。

・小淵沢貴子≒玉木マリ
・藤堂吟≒小淵沢報瀬
・前川かなえ≒三宅日向

小淵沢貴子≒玉木マリ

FullSizeRender


FullSizeRender

すでに前髪と、この表情だけでも似てますね。

すでに公式で言われているので、似ているというのは納得の結果です。

足りているキマリ。行動力の備わったキマリを想像すると、ほぼ貴子になることがわかります。また、9話で吟が『いい加減』と言いかけていることも、共通点でしている部分です。

藤堂 吟≒小淵沢報瀬

FullSizeRender

7話では普通に話していましたが、9話で実はお互い口下手であり似た者同士ということが分かります。また、インタビューが苦手だったり、ちょっとしたことで顔が赤くなるところもそうですね。

そして、9話では貴子が度々、二人きりにしていたこと。吟ちゃんの魂計画が成功していたことも影響しているでしょう。

かなえの7話7:49の本当に似た者同士ねと、言っているかの表情。また、11話の「やめやめ、敵うわけないわ。吟と貴子の娘相手なんて」の台詞。

娘と言うくらい=会っていたことも多い。それと後述する銀ちゃんの魂計画が、特に似ている部分を作った要因でしょう。

前川かなえ≒三宅日向

FullSizeRender


FullSizeRender

ルックスも日向が大人になったらと想像すると似てますよね。

かなえも日向も7話のスピーチの部分で、笑いを取って和ませようとする姿。さらに、よりもい本編中に周りに気を遣う部分が多いところが似ています(7話の冒頭など)。

貴子の事故以来から、ずっと吟を支えてきたかなえ。その姿勢は3話、7話で報瀬を支えた日向に通じるもがあります。

最も似ていると感じた部分は、最後まで本音を隠していたこと。13話で吟が「大変でした」とこぼしてから、自分もそうだったと4人に話すシーン。11話の最後で本音を見せて泣いた、日向と同じくらい耐えるタイプです。

といった部分から、かなえと日向は似ていることが分かります。
↑ざまあみろっ!Tシャツ絶賛発売中↑

よりもい 藤堂吟 前川かなえを名言、名シーンから考察した感想

FullSizeRender

ここでは実際によりもいの劇中で貴子、吟、かなえが発した言葉、シーンなどから色々と考察していきます。

メジャーどころを今から考察しても意味がないので、少々マニア向けにな部分6つにスポットを当てています。

※大人たちの名言、名シーンまとめはコチラ⇒よりもい名言 名シーン 日めくり大人ver

・4話貴子、吟をまとめていたのは前川かなえ
・9話 貴子が自分に万が一事が起きた時のことを、周りに伝えてなかったのは?
・9話 貴子の銀ちゃんの魂計画がもたらしたもの
・12話 貴子が失踪した原因は?
・13話 吟の自責の念を吹き飛ばしたきっかけ
・13話 吟の嬉し涙が映ってない理由

4話 貴子、吟をまとめていたのは前川かなえ

FullSizeRender

日向ポジションということもあり、かなえは3人でいた時はまとめ役だったでしょう。

日向ポジションならそうだろ。と言われそうですが、説明させていただきたい。そこで、かなえがまとめ役だったことがわかるシーンを挙げます。

FullSizeRender

4話 夏季訓練

銀「わざとこうしたの?」

かなえ「ううん、私は何もしてない~略~正直予感はあったかな」


このシーンだけで、わざとを起こせる策士的な部分を持っている有能っぷりが分かります。(9話の吟、迎船長のやり取りもその良い例)。さらに、報瀬の動きは予想しやすかったとはいえ、勘が鋭い所も判明。

また、わざと吟と報瀬を会わせて話し合いの機会を作ろうとする優しさと気遣い。7話の冒頭でも吟を笑わせて和ませようと気遣っているシーンがあります。

貴子の事故以来、南極チャレンジチームは厳しい状況にあった。それでも、また今回南極チャレンジ計画を実行することができたのは、上記から分かるかなえの暗躍活躍があってこそだったでしょう。

貴子、吟のまとめ役に向かなかった部分は皆さんご存知の通り。吟曰く『(貴子)ひと言でいうと変』。吟=口下手、上がり症な部分がある。

以上のことから、貴子がいた時も3人のまとめ役はかなえだったと言えます。

9話 貴子が万が一の事が起きた時のことを、周りに伝えてなかったのは?

FullSizeRender

9話。南極観測に危険は付き物と報瀬に伝える貴子。

貴子は自分に万が一のことがあった時のために、周りの人に何か手紙のようなものを残しておかなかったのか?終活マニアの私としては、そこが不思議で仕方ありませんでした。そして、考察した結果、シンプルな回答に辿り着きました。

すでに9話のこの回想時点で、貴子なりには話していた。しかし、報瀬は貴子がいなくなるかもという話が怖くて、核心に触れる部分はちゃんと聞いてなかった。

ちなみにソースは私自身(母は周りから変と言われていた人でした。母子家庭、報瀬と同じB型。お祖母ちゃん子)の体験からです

13歳の少女に『もしお母さんがいなくなったらね~』っていう話をしたら、受け止められず聞くのを嫌がると思います(私はショックを受けて、オロオロしました)。

9話の台詞に報瀬『何度も聞きました』とあります。しかし、裏を返せば逆に伝わっていなさそうだから、貴子は何度も繰り返したとも取れます(これも私の経験と全く同じ。)。

ということで、貴子はちゃんと報瀬に話していたから、周りに伝えず手紙も残さなかった可能性が高いとの結論になりました。

9話 貴子の吟ちゃんの魂計画がもたらしたものは?

FullSizeRender

9話。わざと貴子が吟と報瀬を二人きりにしていることが、バレるシーン。

貴子≒足りているキマリ=よりもいの世界では主人公にふさわしいの能力の持ち主。ということを考えると、おそらく貴子は感覚で何でもこなすタイプなのでしょう。しかし、それは伝えることが難しいと分かっていた。まさに、キマリの様ですね。

だから、努力の人であると感じていた吟なら、自分より大切なこと上手にを伝えてくれる。そう思って報瀬を任せたのでしょう。

貴子の吟ちゃんの魂計画。それは報瀬に困難に遭っても諦めず一歩一歩ずつ、何度でも挑戦する精神を残しました。12話で報瀬がしゃくまんを数えるシーンで、特にそれが伝わってきます。

そして、その精神はキマリ、日向、結月にも影響したのです。それが12話貴子自身のノートパソコンの発見につながりました。

12話 貴子が失踪した原因

FullSizeRender

12話。宇宙よりも遠い場所へ向かう雪上車の中。事故の状況を報瀬に吟が話すシーン。

貴子の失踪の原因は純粋な事故の可能性が高いと思う派です。

いくらいい加減な所があっても、勝手に単独で忘れ物を取りに行くことはしないでしょう。それに南極観測隊員である貴子が軽率な行動を取るとは思えません。

何より自身に万が一が起った時に残される報瀬のことを考えたら、わずかでも命を危険に晒す様なことはしないはずです

以上のことから、貴子の失踪の原因は事故の可能性が高いと思っています。

13話 吟の自責の念を吹き飛ばしたきっかけ

FullSizeRender

13話。4人が帰還することになり、最後にみんなで野球をすることになります。吟の投げたボールを打った報瀬に、貴子の姿が重なって見える名シーン。

13話は打たれたボール=報瀬の吹っ切れた気持ち。プラス、吟隊長の溜まっていた自責の念が飛んでいく(昇華されていく)表現と考察してみました

大人のドラマも展開されるよりもい。吟≒報瀬ということもあり、吟の時間も自責の念から止まっています。

貴子に見えた理由=報瀬が今までと違い貴子のことに向き合い、受け入れていること(バッターボックスに向かう表情から読み取れます)。また、その重なった貴子の姿は『報瀬は私のことを受け入れてることができた。もう大丈夫。吟ちゃんはどう?』。という問い。

もしくは貴子のキャラを考えると『報瀬が受け入れたのに、いつまでそんな顔してんの(悩んでるの?)?吟ちゃん!』。と、言っている様に伝わってきたのだと思います。

それが吟の自責の念を、吹き飛ばすきっかけになったのです。Bパート冒頭では報瀬が髪を切り、9話の貴子と同じ笑顔を吟隊長に見せます。

その時に止まっていた時間が動き始めたのです。貴子との約束で吟の時間がスタート。そして娘である報瀬が止まっていた時間をスタートさせたのです。

雪上車の中で報瀬に貴子が見えた理由⇒ポンコツ?小淵沢報瀬を名言 名シーンから考察した感想 

吟の嬉し涙の顔が映っていない理由

FullSizeRender

13話。帰還式典で報瀬のスピーチを聞いた吟が涙を流し、それにかなえが気付くシーン。

おそらく隊長の嬉し涙を見ていいのは、ずっと支えてきたかなえ。そして三年前も一緒に来ていた隊員たちだけという、制作スタッフの配慮という名の演出とじらしプレイですね←えぇ


↑よりもいはコミカライズ版もいいぞ♪↑

よりもい 貴子 吟 かなえから考察した感想 まとめ

FullSizeRender

といった感じで、貴子、吟、かなえから、マニアックな部分を考察をしてみました。

女子高生たちに目が行きがちですが、大人たちの背景や過去を考察すると、またよりもいの面白い部分や魅力が発見できると思います。

よりもいファンの皆さん!!大人たちの物語にも注目しましょう!!

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
お問い合わせはTwitterかコメでお願いします
作品・キーワード検索
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』
カテゴリー別百合漫画一覧
最新コメント
百合道を極めし者の数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: