百合道、始めます!

百合漫画・百合アニメ・百合ゲーなどのレビューブログ・著作権からの削除要請には速やかに対応させていただきます・ 相互リンク募集してます(*´▽`*)

百合RSS

FLOWERS冬篇 攻略日記1 感想 ネタバレ注意

FLOWERS冬篇 攻略日記1 感想 ネタバレ注意をお送りします。なぜすぐにできなかったのかといえば―

くま子「自分探しをしてまして……」
  ダウンロード (13)
読者「自分探しが許されるのは大学生くらいまでだろ」

今回のプレイ日記の対象ゲームはこちらです!

image


FLOWERS・冬篇公式サイトはこちら♪※若干ネタバレがあるかもです(;´・ω・)

FLOWERS 冬篇 chapter1 攻略 感想 ※ネタバレ注意

秋編と同じく冬編も最初は正妻ルートからの攻略でいきます。2周目じゃないと見られないエンディングが存在するパターンがFLOWERSのお約束ですからね。

chapter1の流れに沿って(場面orシーンの区切りごとに)、感想を書き出しているので共感していただけたら幸いです。また、ここはこう感じたよ!っていうのがございましたら、コメントバッチコーイです。

では、早速攻略プレイの感想をアップしていきましょう!!ちなみに、当ブログの推しメンは花菱立花となっております。

※核心に近い部分には触れませんが、それ以外のネタバレを含むので未プレイの方は注意です。

マユリ登場~蘇芳登場

ブーッ(aa略)。いきなりの登場に吹き出しました。まさか、夏&秋編にほぼ出演が無く、私の中ではほぼ消えかけていた存在でしたからね。そして、学園に来たのは逃避のため。さらにアミティエへの複雑な思いを吐露。

あ、冬篇は一段と大変になりそう。そう思った瞬間でした。アングレカムの女の子は全員、家庭や心に闇を抱えすぎです。まゆりは軟禁されているようで、これからどう蘇芳がそこまで辿り着くのか想像してドキドキしましたね。

次は墓標の前に佇む蘇芳の登場。幽霊の様な怖さと美しさにゾクっとしました。墓標に刻まれていたの名前は、???・バスキア。やっぱり、バスキア教諭が学園の謎に絡んでいるようです。

FLOWERS冬篇 OP


スギナミキ先生の素晴らしい絵。霜月はるかさんの声。もう芸術の域ですね。ゲームの世界に完全にトリップしました。

シロツメクサの花言葉は色々あるようです。これは何かの示唆?

冬休中のアングレカム学院~蘇芳の部屋にて

冬休み中でもそれぞれ事情があり帰省しない、レギュラーメンバー。久しぶりの新作ですが、彼女たちのやり取りにほっこりです。

当ブログ推しの立花も登場!早速のツッコミ。えりか様に眼鏡が本体とか言われててクスッっときました。眼鏡を外した立花も可愛い!!

※えりかだけ『様』付けなのは、彼女がアングレカム学院の頼れる相談役だからです。

何気に立ち絵や、メッセージウィンドウの絵もバリエーションが増えててグッジョブ!!

眼鏡をかけた蘇芳の反則的可愛さに悶絶!!えりか様が立花から奪った眼鏡を蘇芳にかけたシーンですね。立花の眼鏡を蘇芳がかけている素晴らしいCGでした。それを必死に見たがる立花の可愛さと来たらもうね。

蘇芳からの名前呼びに照れるえりか様。苺、林檎からの名前呼びは許したものの、蘇芳だけはNG。蘇芳に対しては、やはり特別な想いがある模様。

沙々貴姉妹が意外に元気そうで一安心。秋篇で譲葉と色々ありましたからねぇ……。双子トリックデートは今考えると、エロリーすぎ!!破廉恥!!譲葉は絶対に気付いて楽しんでた。うらやまけしからんです。

ハンバーガーを初めて食べるという蘇芳。意外な所に驚いたのは私だけではないはず。あと嗅覚すごすぎ。それを活かして、まゆりに辿り着けそう。

紅茶のほうが好みと言われた立花の嬉しそうなこと。微笑ましすぎです。

イズニクでマユリへの手掛かりを探す日々

立花を巻き込まないようにしたい蘇芳。少しでも蘇芳の支えになりたい立花。何というすれ違いっ……。結局、立花は合唱部からの呼び出しで手伝えないわけですが、そうなってしまった時のションボリっぷりがまた可愛い。

ぼっち属性だった蘇芳の憧れる行為の中には、友人と一緒にトイレに行くという憧れがあったことが判明。冷静にえりか様に拒否られてクスッとなりました。

仲間を色々気遣うえりか様の優しさに蘇芳が、彼女の手を握ってお礼を伝えるシーン。ニヤニヤが止まりませんでしたね。恐るべし天然のたらしっ……。

イズニクでの調査 3日目

マユリへの手掛かりを調べる蘇芳を気遣い、休憩に紅茶を頻繁に差し入れする立花。

蘇芳を支えたい一心で、よかれと思って行動する立花(もちろん、まだ恋愛的気持ちもあるでしょう)。でも、返って蘇芳の集中力を切らしてしまう結果になってしまうという。花菱立花ならぬ、空回立花。何て不憫な子なの(´;ω;`)ウッ…

また、自分が頼られてないことを知って、落ち込んだりヤキモチ的なものを焼くけど、簡単に丸め込まれる立花。その分かりやすさが愛おしいのです。面倒くさい女って言うな!!

蘇芳、生まれて初めての雪遊び


image

素敵なムービー&CGが印象的でした。一心不乱に雪うさぎを作るチドリンの姿は可愛かったですね。雪だるまのモデルが林檎というところもクスッとなりまいた。

かまくらには私が抱っこして入れてあげるとえりかに言う蘇芳。今回のたらしっぷりはマッハでヤバい!!

雪合戦のシーンはある意味、男性ユーザーに向けてのサービスなのかと疑ったゲスは私です。(誰か年鑑のカドで私の頭を殴ってください。)

雪遊びの帰り際、この計画を提案したのは実は立花だと蘇芳に打ち明けるチドリン。全ては悩んでいる様な、蘇芳を元気づけるために計画したことだったのです!!ほら、立花は良い子でしょう(ドヤ顔)。

そんな彼女を少しでも邪険に思った人がいるなら、ケツバットならぬケツ年鑑されれば良いと思いました。

イズニクでの調査再開

完全におかんポジションの立花。春篇からは想像もできない立花のキャラ変化。

姉妹の仲裁が終わると、すかさず蘇芳にブリトーを勧めるという尽くす女へ早変わり。そんな立花のギャップがたまらなく可愛いと思いました。

ここでも蘇芳の天然たらし炸裂。その結果、さらに蘇芳と立花が食べさせ合いっこするという、ご褒美展開へ発展。

冬 篇 最 高!!!!!!

立花党員としては待望の展開でした。

林檎のえりか様のモノマネが滅茶苦茶似てたので、何回も聞き直しました。上手すぎですよね

夕暮れのうさぎ小屋

image


ついに花菱家の話題が出る?と思ったら、そんなこともなかったでござる。

蘇芳もえりか様の真似っこをするとは思いませんでした。これはこれで可愛いのでありです。

そしてここまでで一番の立花&蘇芳のCG出現!!

何この雰囲気。冬篇、ここでクライマックスなの?次に場面転換したら、エンディングが始まるかと疑いたくなる展開。もう、未決の引き出しはそのままでいいよと思いましたね。

立花と蘇芳が2人きりになれる時間をアシストした沙々貴姉妹。FLOWERSの中で一番成長したキャラは、もしかしたら苺と林檎なのかもしれませんね。

蘇芳と立花の部屋

ここでも紅茶、コーヒー派の戦い勃発。

そして、FLOWERSお約束の怪談話スタート。怖がる立花も可愛いですね。

FLOWERS 冬篇 攻略日記1 感想まとめ

一番伝えたいというか、言いたいのは立花の出番が多くて最高だということですね。

ないとは思いますが、大どんでん返しで立花が正妻ルート認定されてたらイノグレさんに一生付いていきます、愛します。ないかな~、ないかな~(チラ見)。ここまで、立花を推しておいて最後はまゆりさんに掻っ攫われると思うと、立花党員としてはちょっとやりきれないかもですね。

立花が望む形or幸せであれば、それは受け入れる所存でございますが。

まゆりで納得のエンディングも用意されているとも思うので、それを信じて攻略を進めていきたいと思います。

  にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 百合道を極めるポチをお願いします

私と彼女のお泊まり映画 2巻 安田剛介 感想

私と彼女のお泊まり映画 2巻が発売になりました。

今回は何とコミック版のほうは一部の店舗で特典が付いています!!詳細は私と彼女のお泊り映画が連載されている、くらげバンチの公式でチェックしましょう♪

私と彼女のお泊まり映画 2巻 著者 安田剛介 新潮社

image1 (47)
※ctriキーを押しながらクリックして、素敵な絵はなか見!検索でチェック♪

私と彼女のお泊り映画2巻は本編が10本。おまけの描き下ろしが1本。表表紙には4コマ『18話めの麻由美』が収録されています。

私と彼女のお泊り映画の見どころ

・2人だけのお泊り映画鑑賞会を高校生の頃から続けている、大の仲良しである女子大生の佐藤小春(写真・右)と黒澤麻由美(写真・左)。

・映画を通しながら、確実にお互いを想い合う気持ちが育っていく小春と麻由美。

・しかし、ふとしたきっかけで小春が合コンに行くことになってしまい、麻由美は……。

私と彼女のお泊り映画 2巻 感想

『くらげバンチ』にて、毎週楽しみにしていた私と彼女のお泊り映画が早くも2巻目に突入!!しかも、今回は描き下ろしのおまけ&表表紙の4コマ付でグッジョブ♪

※感想はちょっとネタバレあるので注意

今回は1巻以上に小春と麻由美のラブラブっぷりが見ることができて大満足です。色々と好きなシーンはありますが、14話目の小春のセリフ。『毎週金曜は大切な日だから~』。もう、小春△。と思うと同時に、麻由美のことが本当に好きなんだな~って感じました。

また、19話目の麻由美が鎌かけから、クリーチャーの真似をしながら思いを伝えるシーン。っていうか、もう告白以外の何物でもないですね。何度読み返してもキュンキュンきました♪映画と二人のラブっぷり上手く絡めた表現が、この作品の魅力的で素敵なところ(*ノωノ)

そして15話目のバレンタイン編。これもめちゃくちゃニヤニヤしてしまうエピソードでしたね。メッセージカードについてはとうふさん(百合さえあれば)が紹介なさっていた、スピンオフ作品『私と彼女の同棲生活』での伏線として回収されています。麻由美のメッセージカードについての特別な思いを知ることができるので、ぜひそちらを見て読み返すとさらにグッときます!!

お約束の各エピソード後の、小春と麻由美の個性溢れるレビュー。今回も2人の掛け合いが良かったですね。香川に行くは伏線かな?2人だけの初旅行とか期待せずにはいられませんね。

私と彼女のお泊り映画は来年度の次にくるマンガ大賞か、この漫画がすごい!にノミネートされるんじゃないかなと個人的には思っています。

それくらいイチ推しの作品となっておりますので、気になった方はチェックしていただきたいと思います。

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします
お問い合わせはTwitterかコメでお願いします
作品・キーワード検索
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』
カテゴリー別百合漫画一覧
最新コメント
百合道を極めし者の数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: