百合道、始めます!

百合漫画・百合アニメ・百合ゲーなどのレビューブログ・著作権からの削除要請には速やかに対応させていただきます・ 相互リンク募集してます(*´▽`*)

百合RSS

【百合短編】純粋アドレッセンス完全版 かずまこを 感想【おすすめ】

本日紹介させていただきますのは、保険医と生徒の年の差恋愛模様を描いた作品『純粋アドレッセンス完全版』です。

※レビューは5分あれば読めます。極力ネタバレはなしのスタイル。

純粋アドレッセンス かずまこを(○twitter) 白泉社

IMG_20160203_145256
ctrlを押しながらクリックで試し読みがオススメ♪

忙しい人のための『純粋アドレッセンス完全版』って、どんな本?~

・舞台は高校。保健委員になった『奥村ななお』と、保険医である『松本律子(まつもと りつこ)』はお互いを意識し合う。

・一緒の時間を過ごす2人だが、卒業が近づくに連れてお互いの立場や将来への考え方ですれ違い始め―。

・上記2人の本編が10作+描き下ろし1作。他にななおのクラスメイトや律子の同僚のスピンオフ作品が5作。中表紙にイラストあり。

本編の他に収録されているスピンオフ作品 管理人の一言感想

『パジャマ夜話』『かわいいひと』
IMG_20160203_145551
左から友人・キヨ・ななお

・密かにななおを想うキヨと、彼女を見守る友人のエピソード。

ビターなエピソードが好きなんです。

『初恋カノン』

・ななおと律子がイチャイチャしていた?保健室を訪れた、体育教師?(ジャージ着用なので)の『るこ』は、そんな2人を見て自分の過去を語り出す―。

スピンオフの中ならイチ推しのエピソード。

※あと、ななおクラスメイトの恋愛模様を描いた『親友ラブスティック』『サマーヌード』が収録されています。どちらも同じ2人が主演。

純粋アドレッセンス完全版 感想

保険医と生徒という年の差シュチエーションが見たいので購入しました。そして、この作品がどんな本かといえば『スルメ本』。噛めば噛む程、スルメって味が出るという例えですね。じっくり何回か読んで、キャラの性格や気持ちが色々と見えて伝わってくる感じです。

最初、ななおは年上である律子に対して敬語すら使わない、小生意気な娘にしか思えませんでした。
でも、例えば好きな人にそういう風に接してしまう『ツンデレ過剰バージョン』かもしれない。そう捉えれば、また違う印象のキャラになりました。律子のほうも安易に受け入れすぎぃ!と思ってましたが、じっくり読み返すと彼女の思いや行動の理由が見えてきます。そうすると、後半の2人のすれ違いやアフターエピソードはさらに素敵なものになるでしょう。

とういうことで、メインキャラの捉え方によって好き嫌いが別れたり、大きく物語の印象が変わってしまう作品と感じました。

作品についてのあとがきはかずまこを先生のブログへどうぞ♪

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします 

【百合シリーズ】kindle版・ブルーフレンド・えばんふみ【おすすめ】

本日からKindleで配信された作品をレビューさせていただきます。リンクさせていただいてるGirlsLove Blog様では、掘り下げてレビューをなさってます。また、豊富な百合情報が満載なので、皆様もぜひチェックしましょう♪
※レビューは5分ちょっとで読めます。ネタバレは極力しないレビュースタイル。

ブルーフレンド 全3巻 著者・えばんふみ (○twitter) 

絵はctrlを押しながらクリックしてamazonのなか見!検索でチェック♪

~忙しい人のためのブルーフレンドって、どんな本?~

・中学2年に進級したソフトボール部員でボーイッシュな感じの『栗原歩(くりはら あゆむ)』は、美人だが性格に難ありと有名な『月島美鈴』と同じクラスで席が隣同士になる。

・そこから徐々に親密になり意識し合い、距離が近づいていく2人。そんな時に美鈴の過去を知る人物『東五月(あずま さつき)』が現れる―。

・第3巻は、また別の2人のストーリー。つい周りに合わせて自分の意見を言えない『清水 可菜子(しみず かなこ)』と、逆に周りとのコミュニケーションが下手な『亀井青(かめい あお)』という女子高生同士のストーリー。

~1巻と2巻の感想~

りぼんで連載されてたそうです。日本の漫画文化パワーってすごいと思いました。早速、どんな内容なのかDLして読んだところ……

管理人の心象風景を表すとこんな感じ!!
ダウンロード (30)

一言でいうと愛憎劇に近い、シリアスで重い展開でした。豆腐メンタルの管理人は軽く胃がキリキリ。昼ドラっぽく連載するなら、もっと大人向けの雑誌のほうがいいんじゃないかと思いました(良い意味で)。なので百合要素も感じられましたが、2人の純愛を描いた作品という印象を受けました。
アフターストーリーは少女漫画でおk的でな感じで、かつ百合を程良く感じることができて良かったです。ラストも管理人は好きです。

ということで、好みは別れる作品かもしれません。

※ラストのおまけ的感想(ネタバレあり・コピーで読めます)
東が全部持って行ったと思います。好きじゃなければ、あそこまで肩入れしませんよね。素直じゃなくて、損する役回りのキャラって素敵。
タイトルにある様に、ブルー=青=永遠。フレンド=友達。管理人の勝手な考察を入れると『永遠に忘れられない大切な友達』というイメージで、ラストはあの様な終わり方で良かったと思いました。3巻も含めて。

~3巻についてのレビュー~

こちらは対照的な2人という王道的展開ですが、だからこそ読みやすくてキュンキュンくる場面が多い作品です。
1、2巻もそうでしたが、女子高特有?女子特有?のギスギスというかネチネチ感も良く描いてたと思います。

~両方の作品に対する素朴なツッコミというか疑問~

大切な場面で相手のことを名前でなく、『あんた』と呼ぶ場面が多くて気になりました。歩はボーイッシュさを出そうとしてなのか、青はコミュ下手さを出そうとしてなのか……。BLの『お前』は殺し文句という格言?は聞いたことがありましたが、GLの『あんた』は~どうなんでしょう?私がまだまだ百合道歴が短いからそう思うのか、年だから違和感を感じるのか、う~ん……。

本日も最後まで閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします
お問い合わせはTwitterかコメでお願いします
作品・キーワード検索
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』
カテゴリー別百合漫画一覧
最新コメント
百合道を極めし者の数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: