本日発売となりました2DK、Gペン、目覚まし時計。4巻をkindleで購入しました。本の紹介、あらすじ、そして感想&ちょっとした考察のほういきましょう♪

2DK、Gペン、目覚まし時計。 4巻 大沢やよい (○twitter) 一迅社 


ctrlを押しながらクリックで試し読みがオススメ♪ 

2DK、Gペン 、目覚まし時計。4巻は本編4話。描き下ろし1話。各話終了の一コマおまけイラスト。あとがき。表表紙におまけ漫画あり(マスター葵のほうは必見です)。以上が収録されています。

2DK、Gペン、目覚まし時計。4巻のあらすじ

4巻は菜々美のほうに色々な出来事が降りかかる、ハラハラドキドキの展開となっていました。というか、ほぼ菜々美のターン。そのあらすじをさくっと三行。

・ふとしたきっかけで、かえでの前同居人の話題が出て、なぜか色々意識して悩む菜々美。

・取引先の京女・辻堂葵(つじどう あおい)に振り回される菜々美。ついにはデートをしてしまう。

・自分の気持ちに気付いた菜々美。そんな時に大学の後輩、古賀万尋(こが まひろ)から連絡が入る。

かえでと菜々の日常
image2 (3)

2DK、Gペン、目覚まし時計。4巻の感想 ちょっと考察ネタバレあり

感想の前にこれだけは伝えたい。方言はね、広島弁が一番可愛いと思います!!異論は認めます←

4巻の表紙を見た時に葵が一瞬、誰だか思い出せなかったのは内緒です。まさか、2巻の登場が伏線という形で、今回につながるとは思いませんでした。しかも、キーパーソンとして。

そんな葵の登場により、色々と振り回される菜々美が非常に可愛いです。恋愛の駆け引きは葵のほうが一枚上手でした。もしかしたら葵は菜々美の気持ちにも、かえでの気持ちにも気付いてたかもしれませんね。あの、お見通しっぷりならありえそうです。

今回なんやかんやあって、やっと菜々美が自分の気持ちに気付きます。そこから、かえでをさらに意識して悩む姿が微笑ましかったです。デキる女の菜々美のイメージが強い分、なおさら萌えました。

また、描き下ろしでかえでsideの視点が素敵でした。今の漫画で使えないかなのセリフは伏線になりそうと感じたのは私でけしょうか。

キュンときたシーンを考察。ため息をつく→無言→かえでのデレ顔→もう、しょうがないなの流れ。玄関でネームを仕上げる行為に対して。菜々美のことを必要以上に意識し始めている自分に気付いての、2重の意味でのしょうがないなですよね?。かえでのデレ顔が、より一層可愛く感じられました。5巻はかえでのターンに期待しちゃいますね。

その5巻への伏線として本編では菜々美の後輩、古賀万尋の登場。おそらく、SNS系列と元彼つながりで、菜々美のことを知ったのでしょう。続きが非常に気になるところで、4巻は終了でした。

という感じで、ボリュームたっぷりの2DK、Gペン、目覚まし時計 4巻でした。名キャラルー子さんは出番は少なかったけど、いつも通り良い味を出してましたよ( *´艸`)

Twitterで大沢やよい先生をフォローすると毎週月曜に意識高い系キャラのルー子さんから、『月曜日にモチベが上がらないあなたへ贈る魔法の言葉』が更新されるそうなので要チェック٩( ''ω'' )و

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします