星川銀座四丁目が新装版 上下となって、新たに発売となりました。また新装版の出版にあたり、私が待望してた kindle(電子書籍)番もリリースされました。今回は旧版と新装版の違い。読み直した感想をアップしていきます。

星川銀座四丁目 新装版 上 下 玄鉄絢(くろがね けん)MFC

キャプチャ
星川銀座四丁目 上 (MFC)
※kindleにも対応しています。
  

星川銀座四丁目 新装版 旧版との違い

  • 上下巻になって新しい描き下ろしカバー(旧版のカバーも収録されてます)
  • 各話にサブタイが追加
  • 各話の終わりのアイキャッチに新しいバージョン追加
  • 名前の由来に描き下ろしにキャラ追加
  • イラストギャラリー追加
  • 描き下ろし追加
  • あとがき追加
新装版と旧版の主な違いは、こんな感じになっています。特に描き下ろしと、イラストギャラリー、あとがきは必見ですね。というか、ぶっちゃけ全部必見だと思います←。

星川銀座四丁目 新装版 あらすじ

・小学校教師の『那珂川 湊(なかがわ みなと)』は、家庭の事情で不登校だった小学5年生『松田 乙女(まつだ おとめ)』を引き取る。

・想い合う2人は甘い時間を過ごしたり、またある時はすれ違ったり、ちょとしたトラブルに巻き込まれたりする。

・そして月日は流れ、正式に乙女を家族(養子)にするために湊は行動するのだが―。

星川銀座四丁目  新装版 感想

今回、新装版ということで描き下ろしやイラストが追加された、星川銀座四丁目。私はkindleで購入しました。コミックのほうは、とらのあな、メロンブックス、コミックZINでは購入特典があるようです。

上の描き下ろしについて。まさかあんな酒癖がるとは……。下の描き下ろしについては、あ、そうきたか~。何となく乙女の姿が嬉しそうに見えるのは気のせいかな。

あとがきは色々な事を知れて楽しかったです。新装版のあとがきにて旧版のレビューで、私が疑問に思っていた部分が明かされてました。なるほど、そういう理由だったのですね(納得)。あと、かなえが嫉妬した理由の裏側も書かれてます。

ぶっちゃけ、久しぶりに読み直しましたが、やっぱり良いですね。年の差がある2人の関係が、数年の歳月を経て変化していく様子が、非常に丁寧にかつ可愛いく描かれています。物語の中ではかなり月日が経つので、ラストのほうはとても感慨深くなりますね。新装版では上下(旧版では全3巻)ですが、それ以上の読み応えがあります。

また、彼女たちの周りにいるサブキャラが素敵です。私の一番のお気に入りは大濠観月ですね。「面倒見るのが一人増えただけ」と答えた観月に惚れ申した。

惚れるといえば星川銀座の街並み。実際にモデルになったところがあるようなので、いつか聖地巡りに行ってみたいですね。キャラだけでなく、背景の美しさもこの作品の魅力のひとつです。

まとめると、年の差百合が好きな方にはぜひおすすめしたいです。大人ではあるけれど、ちょっと頼りない湊。子どもではあるけれど、ちょっと大人びた乙女。年の差がある2人の関係が、数年の歳月を経て変化していく同性の同棲物語。未見の人も、読んだことのある人にも『星川銀座四丁目 新装版』は楽しめる百合漫画となっています。

本日も最後まで閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします