本日発売となりました2DK、Gペン、目覚まし時計。5巻を早速kindleで購入しました。

コミック(紙の本)だとアニメイトやとらの穴などのアニメショップでは、各店舗ごとに素敵な特典がついているようなので要チェックですね。

それでは5巻のあらすじ、そして感想いきましょう♪

2DK、Gペン、目覚まし時計。 5巻 大沢やよい  一迅社 

ctrlを押しながらクリックで試し読みがオススメ♪ 

2DK、Gペン 、目覚まし時計。5巻は本編5話。描き下ろし2話(万尋side、葵編side)。各話終了の一コマおまけイラスト。あとがき。表表紙におまけ漫画あり(今回は万尋伝説)。以上が収録されています。

2DK、Gペン、目覚まし時計。5巻のあらすじ

5巻は菜々美、かえで、恋由姫、万尋。彼女たちの想いが四者四様に交錯する展開となっていました。そのあらすじをさくっと三行。

・後輩である万尋から告白される奈々美。

・その一方で、自分の気持ちに気付いた恋由姫はかえでに想いを伝える。

・かえでへの想い。万尋からの気持ちに悩む奈々美は、かえでの恋愛観を聞いてしまい……。

2DK、Gペン、目覚まし時計。5巻の感想 ネタバレ少な目

今回の5巻は一気に物語が進んでいくジェットコースター巻であり、今までの2DKの中で最も重要な巻となっていました。

5巻の物語の中心であり、見どころとなった奈々美と万尋の想い。その描き方がとても素晴らしかったです。コミックの裏表紙のキャッチコピー『女ふたりが前へ進む決心した話』の部分ですね。

かえでを想う故に進むことができない奈々美。奈々美を想い続けるが故に進むことができない万尋。この2人の気持ちを重ねて、さらに昇華する描写。マーベラスでした。
傷付かずに済む恋愛なんてない。また、傷付かずに前に進むこともできない。でも、それが必要なことであり、大切であることを感じさせてくれましたね。
って、偉そうに言うほど恋愛してませんけれども。

キャラについてなんですけど、ぶっちゃけ万尋はヤンデレ化するんじゃないかと思ってました。ハラハラしていましたが、良い方に向かって何よりでした。
恋由姫がかえでを意識しているのは薄々感じてましたが、あっさり割り切ったのは意外でした。え?の後に何かあったのではと思ってます。
一方、名物キャラのルー子さんは、緊張感が走る今回も癒しを与えてくれましたね。グッジョブ♪

作中でかえちゃんが語っていた恋愛観&恋愛経験。これはもしや、大沢やよい先生自身の経験なのでは?と思ったのは私だけではないはず。

といった感じで、ボリュームたっぷりの見どころたっぷりの2DK、Gペン、目覚まし時計 5巻でした。

今回はめちゃめちゃ良い所で引きなので、早くも6巻が見たくて仕方ありません。その本作品は『次にくるマンガ大賞』にノミネートされております。そちらでも応援しましょう♪

Twitterで大沢やよい先生をフォローすると毎週月曜に意識高い系キャラのルー子さんから、『月曜日にモチベが上がらないあなたへ贈る魔法の言葉』が更新されます٩( ''ω'' )و

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします