さて、本日はFLOWERS 夏篇 攻略日記3 感想 ネタバレ少な目をアップしていきましょうね♪プレイ済の方が多いかもしれませんが、なるべくネタバレは極力なしの方向でいきたいと思います。と言いたいのですが、今回はちょっとだけ、内容に触れる部分があります。

今回のプレイ日記は3分あれば読めます。

 

『FLOWERS・夏篇公式サイト』でキャラクターの詳細は見ることができます。

FLOWERS 夏篇 攻略日記 chapter3の流れ

今回のメインは学院のイベントである朗読劇を、えりか、千鳥、蘇芳(すおう)、そして先輩であるネリネの4人で演じることになる話がメインのchapterでした。

えりかと千鳥
DSC_3629

蘇芳とネリネ
DSC_3628

ネリネは今春発売のFLOWERS -Le volume sur automne-(秋篇) 初回限定版のヒロインですね。

またchapter3は百合イベントに謎解きと、とてもボリュームがあって楽しめましたね。今回の謎解きは間違えませんでした。一回で正解♪

あと、この作品の特徴であるヒロインサイド視点のモノローグがありました。すっかり、この演出があるのを忘れてました。

ヒロインのモノローグの時に発生するカットイン。
IMG_20160309_225053
写真が暗くて申し訳。

この演出いいですよね。千鳥sideでは、どんな風に見えていたのかがわかって、もっとキャラに共感できますからね。

FLOWERS 夏篇 攻略日記 chapter3 感想

朗読劇がマーベラス!!

キャストの演技力に圧倒されて、思わず拍手してしまいました。それくらい素晴らしかったです。この感動は実際にFLOWERSを手にしていただかないと伝えるのが難しいかなと。

また百合イベントも意外な人と起こってビックリでした。照れるえりかが可愛いんですよ、もーもーもー♪やはり、サブヒロインは彼女だったようです。

この朗読劇を通じてえりかと千鳥の距離が少しずつ近づく……。という感じで、chapter4がとても楽しみになったchapter3でした。

続きはchapter4が終了次第アップしたいと思います。本日も閲覧いただき誠にありがとうございました♪
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします