本日は節分なので、よりもい昔ばなし『泣いた報瀬(原作泣いた赤鬼)』をお送りします。文章が変だとか、矛盾とかツッコミ所があっても、細けぇこたぁいいんだよの精神で閲覧していただけたら幸いです。万が一不快に感じた方がいたら申し訳。

前回の昔ばなしはコチラ⇒泣いたゆづ鬼

※3分かからず読み終えることができます。

よりもい 昔ばなし 泣いた報瀬

これはむかし、むかしのお話しです。ある山の中に一人暮らしの、報瀬という鬼がいました。

FullSizeRender

報瀬「人間の友達欲しいなぁ。笑顔が第一印象……」

ずっと前から報瀬は麓に住んでいる、キマリ、ゆづ(以下キマゆづ)という人間たちと仲良くなりたいと思っていました。

FullSizeRender
 
そこで、自分の家の前に看板を立てて張り紙をしました。

『ここは心の優しい、報瀬の家です。どなたでも遊びに来てください。おいしい柿ピー。飲み物は緑茶(五月でもホット)を用意しています。』

報瀬は家の前をうろうろしたり、物陰から看板を眺めていました。しかし、キマゆづは遊びに来てくれませんでした。報瀬は信用されないことが悲しくてしょんぼりしていました。

FullSizeRender

そこへ、鬼友である日向が訪ねて来ました。理由を聞いた日向は、報瀬のためにある計画を立てました。

日向の計画

日向の計画は自身が麓に住む、キマゆづの家の前で大暴れをする。そこへ、報瀬がやって来て、日向を懲らしめる。

そうすれば報瀬が優しい鬼だと伝わるというものでした。

FullSizeRender

報瀬「それじゃ日向に、迷惑がかかるんじゃない?」

日向「大丈夫だから任せておけって。な?」

そういって、渋る報瀬を日向は無理やり引っ張って、キマゆづの家の近くまで行きました。すると、タイミングよくゆづキマは、家の畑の前でおしゃべりをしていました。

日向「演技は本気が大事だからな!」

報瀬「(ドキドキ)……え?うん、本気ね。本気、本気が大事……」

日向はキマゆづの前に飛び出し、こう言いました。

FullSizeRender

日向「わ、私は悪い鬼で、あ、暴れて畑を荒らしちゃうぞ~(棒」

ゆづ「は、はあ……(私より小さくてあまり怖くないなぁ」

キマリ「小さな鬼だね♪ゆづきちゃん!」

日向「小さくても心は大きい鬼だぞ〜!畑を荒らしてやる~(棒)。」

日向は畑を荒らし始めました。そこへ、すかさず報瀬が飛び出して、こう言いました。

FullSizeRender

報瀬「やや、やめるんだ!わりゅい(悪い)鬼の日向め!や、やしゃしい(優しい)鬼の報瀬が、懲らしめてやる~(超棒)」

日向「(棒読み過ぎだ。あと、台本隠せ報瀬。とりあえず私へ、本気の演技で一発を入れて懲らしめろ!)」

報瀬「(ごめんね、日向っ……)」

泣いた報瀬

FullSizeRender

日向「はうあーっ!!!!!!」

報瀬「ああっ?!や、やっぱり?ごめんっ、ごめん!痛かった?大丈夫?」

日向「頭に砕氷船がぶつかったと思ったよ!!何で全身全霊、ありったけ力で叩いたの?!」

報瀬「だ、だって、日向が本気でって言うから」

日向「言ったけど、本気の演技だよ!!本気のえ・ん・ぎだよー!!」

報瀬「じゃ、じゃあ、もう一回。今度は軽く叩くから、ね?」

日向「また叩かれるのかよ?!」

報瀬「じゃあ、全部、最初から。最初からやり直そう」

日向「全部、最初から?叩かれるのは変わりないし、すでにそこの2人にやり取りを見られてるんですけど?」

キマゆづ「……」

日向「時々、報瀬にはイライラしてたんだよ!やること極端だしさ、残念美人!ポンコツ!」

FullSizeRender

報瀬「カッチーン!(怒)。私が残念美人でポンコツなのは関係なくない?」

日向「関係あるよ!!ポンコツだから聞き逃したんだろ?」

報瀬「ガーン!!っていうか、聞き逃すくらい誰だってあるでしょ?それをネチネチ、背も心も小さいんだから!!」

日向「あ~っ!!それを言っちゃぁ、お終いだよ!!」

FullSizeRender

ついに、報瀬と日向は畑の中で取っ組み合いのケンカを始めてしまいました。これにはキマリもゆづも苦笑いを浮かべて見守るしかありませんでした。

日向「ペンギンが好きなら、勝手に南極でも北極でも、どこでも行けばいいじゃん!」

報瀬「言われなくても行ーきーまーすー!」

日向「そうだよ!報瀬は頭良いんだから、絶対南極観測隊員になれるよ!」

報瀬「えっ?///。な、何よ、頭良いのは日向も同じでしょ。どうせなら、一緒に行きたいっていうか、行って欲しい……」

日向「えっ?///。何だよ、急に。でも、そういう報瀬の素直じゃない所、嫌いじゃないっていうか、好きっていうか……」

報瀬「なな、そっちこそ何よ。急に、この笑顔の天才」

日向「何だよ、ポジディブちゃんのくせに」

報瀬「脚早いくせに」

日向「そっちだって、自然に笑うと可愛いくせに」



FullSizeRender


報瀬「んんん~っ!」




FullSizeRender


報瀬「んんん~っ!」


FullSizeRender

報瀬「日向~!」

日向「報瀬~!」

ケンカの末に報瀬と日向は涙を流して抱き合いました。そして、2人とも前より、ずっと仲良くなれた気がしました。


FullSizeRender


ゆづ「何があったんです?」

キマリ「さあ?でも、悪いことじゃない気がするよ。あっ……」


FullSizeRender

曜子「農具ってバカな娘や鬼をお仕置きできるかもね~」

泣いた日向 エピローグ

畑を荒らしたことで、帰宅したキマリの母曜子にこってり絞られた、報瀬と日向。その理由を全部話しました。

2人は許してもらうことができました。そして、報瀬、日向、結月、キマリの4人は仲良くなることができたのです。


泣いた日向 完……?



日向「マジか~?」

報瀬「ほ、本当に?」

ゆづ「私の代わりになってくれて感謝してます」

キマリ「久しぶりに結月ちゃんもどう?」


FullSizeRender

ただ曜子から許す条件として、栽培しているドリアンの味見係に任命される報瀬と日向なのでした。

めでたしめでたし♪

日向「全然っ、めでたくない!!」

報瀬「あ、でも、慣れたら美味しいかも?」

よりもい 昔ばなし 泣いた報瀬 まとめ

2月3日は節分だからやってみました。絵が描けないので、文章でよりもいを応援。前回は感動ものだったので、今回はコメディになりました。というか、報瀬が勝手に動いてこうなりました。

最初の写真でゆづが吐きそうになっているのは、ドリアンの味見をしていたという伏線です。報瀬にキマゆづが近づかなかったのは、1枚目の写真が報瀬のできる精一杯のポンコツ笑顔だから。日向はケンカの途中で、自然に笑うと可愛いと言ってます。←妙なこだわり伏線。

ケンカしてる部分の元ネタは、お気付きの方はいると思いますが日常の焼きそば回です。ちな、日常は博士パートが一番好きです。

よりもいファンの癒しになれたら幸いです。ご清聴ありがとうございました(*'ω'*)

↑よりもいファンならいっとく?↑