よりもいのメインキャラ人気・名言、考察シリーズ?第3弾不人気主人公キマリ、人気ナンバーワン日向と続いてきました。

残る2人の中で、今回スポットを当ててみたのはこのキャラ!!

FullSizeRender
白石 結月(ファン・推しはゆづ友と呼ばれます)
ゆづ友という呼称は、おおたきばしさん@ohtaki_bashiが考えてくださいました。

その理由はゆづ友にに軽くコロコロされてしまいそうですが、私の中で結月はアピールポイントを非常に見つけにくい存在と思っていたからです。それもありますし、トリを飾るなら物語の一番大きい部分(根底)に関わった報瀬⇒今回は結月となりました。

以下3つに分けて、結月を考察して感想を語っていきます。

・白石結月の人気が伸び悩んだ理由? 3つ

・白石結月を名言・場面から考察 6つ

・よりもい 白石結月を人気・名言、名場面から考察した感想 まとめ

白石結月の人気が伸び悩んだ理由

FullSizeRender

私の独自リサーチによると、主要人物4人の中で結月の人気は3番目になっていると判明しました。

しらひなには届かず、メイン主人公キマリよりは上の人気。ここでは、その理由を考察していきます。

ルックスが報瀬、日向のほうが好みのファンが多い?

アニメキャラも人間も見た目や、第一印象が大事(´・ω・`)マタコレカ?

3話でも日向が言っていましたが、報瀬は黙っていればよりもいの世界では相当な美人キャラです。そして、現実のアニメファンの心を掴みやすい、黒髪ストレートで前髪パッツン。それでいてスタイルも良く、日向に次いで四人の中で2番目にお胸が大きいのです。

日向に関して人気の理由はコチラで⇒日向が人気の理由と6大名言の考察と感想

某日常漫画の主役の女子高生はこう言いました。『貧乳は希少価値だ!!ステータスだ!!』しかし、現実は非情なのです。(※ソースは私の独自リサーチ)。

スタイルについても日向の様に少しぽっちゃり(陸上部だからムチムチ?)。そのほうが結月の様なスレンダー系(悪くいうとガリガリ?)より、男性のストライクゾーンに近いのでしょう(※ソースは(略)。

ローカルアイドルというルックス。お胸についても1歳下であり、妹キャラというポジションだから仕方ないとは思います。しかし、それらの部分が人気が伸び悩んだ可能性は高そうです。

背景がインパクトに欠けるから?

しらひなが絶大な人気を誇る理由として、キャラが持つ背景のインパクトがあるでしょう。誤解の無いように申し上げますが、悩み辛さは人それぞれです。

物語のインパクトとしては、報瀬>超えられない壁。日向≧キマリ≒結月。という感じになっていると思います。

しかし、視聴者としては経験に近いキャラを好きになったり、応援したくなる側面もあるでしょう。背景の部分は悪くはないけれど、ちょっとインパクトに欠けるというのも人気が伸び悩んだひとつと思われます。

結月の見せ場が少ないから?

結月回は実質、3話、10話。最終的には結月自身が頑張って、考えて判断して答えを出してはいます。しかし、その重要なきっかけはメイン主人公であるキマリが作ってくれます(3話、11話)。

『ね』についての考察はコチラ⇒キマリが立てた3大伏線?

だから、結月回ではありますが、自身が頑張っている印象が薄くなる⇒人気が伸び悩む。という事象につながったのかもしれません。そこは妹ポジなので仕方ないところではありますが。

でも、結月は他3人や、よりもいという物語を色々と影ながら支えています。実は縁のしたの力持ち的存在。次は結月のそんな部分にスポットを当てていきましょう。
↑軽く死ねますねTシャツ発売中↑

白石結月を名言・名場面から考察

よりもいの劇中で結月が発した名言や名場面について、色々と考察していきます。

※あくまで私が結月のここを見るとすごさが伝わる。みたいな、マニアックで独自な場所にスポットを当てています。

以下、6つに分けています。

・3話軽く死ねますね
・結月は大切なツッコミ役
・実は結月もボケたことがある
・船内リポートは結月におまかせ
・キマリの寝言に悩まされた結月
・仕事に前向きになった結月から学ぶ大切なこと

3話 軽く死ねますね

FullSizeRender
結月『軽く死ねますね』

3話。立川の南極・北極科学館。そこに4人で行ってオーロラシアターを見ている時に、結月が発した名言。

ゆづ友にとっては結月の名言=軽く死ねますねでしょう。この名言は結月にとって最大級の喜怒哀楽を表す言葉です。

死ぬとか(軽く死なせる)という表現は、言い過ぎで好ましくないという方もいるでしょう。でも、それは結月のアイデンティティの様なものです。

子役の時から大人たちの間でも苦労したことも、きっと影響があったでしょう。そう思えばちょっと行き過ぎた表現や辛辣なツッコミ(この後取り上げる)も、可愛いじゃないですか、可愛いじゃないですか。

見も蓋もない言い方すれば、16歳の妹ポジのキャラが発する言葉です。『こまえけぇこたぁいいんだよ』の精神で受け止めて頂ければと思います。

周りの3人が何も言わないのも、4話で日向が『あの仕事は仕事で複雑なんだろ』。ここから色々と感じたからだと思います。そういったものを含めて結月の一部と受け止めているのでしょう。

ゆづ友&よりもいファンは胸を張って、軽く死ねますねを使いましょう!

結月は大切なツッコミ役

FullSizeRender
「うるかにしてください!」

4話。夏季訓練の就寝する時に、騒ぐキマリに結月が放ったツッコミ名言。ゆづ友なら真っ先に思い浮かぶ、名言でしょう。本来は「うるさいです。静かにしてください」と言いたかったらしいです(ファンブックに書いてあったような)。

・他の主なツッコミまとめ

・6話 「キマリさん、最初から床で寝ません?~(略)どうせ、最後は床で落ちると思いますし」
・8話 「何かしたら軽く死なせますよ」
・8話 「地球が砕け散っても嫌です」
・9話 「死ねばいいのに」

他にも色々ありますが、そのほとんどが改めて見ると辛辣ぅ!!しかし、これも結月のアイデンティティ。このツッコミが物語の良いアクセントになっているのは事実です。また、この辛辣さは仲良くなって、気を許している証拠でしょう。

6話のシンガポールも到着早々にツッコミの嵐でしたね。結月だけが唯一海外旅行経験があったというのもありますが、もしいなかったらホテルまで辿り着けなかったかもしれません。

また結月という、しっかり者のツッコミ役がいた。だから、日向は心置きなくボケに回れてはしゃげたとも考えられます。日向の笑顔の裏には報瀬だけではなく、実は結月の存在があった。

全ヒナターは結月に感謝のありがと。ね。

実は結月もボケたことがある

FullSizeRender

10話。ヘリコプターで移動する時に『雪上車とは行きませぬか』と発言しています。

正確には高所恐怖症を紛らわせるためのボケなのですが、誰か乗ってあげようよと思った場面です。いつもはみんなツッコんでもらってるのに、さすがバラバラカルテット。

12話でも内陸拠点の出発点にヘリで移動する時にも、真っ青な顔で『雪上車じゃないんですか?』。

いつもは大人ぶっている結月が怖がって、年相応の顔を見せる数少ない可愛い場面だと思います。結月のこういうギャップはグッときますね。


↑よりもい絶賛配信中↑

船内リポートは結月にお任せ

FullSizeRender

結月にとっては仕事で、プロだからできて当たり前のことかもしれません。しかし、その当たり前をこなすってすごいことだと思います。8話でもキマリが「リポートは結月ちゃんが完璧にやってくれた」と言ってましたしね。

報瀬はリポーターとしてはポンコツ。喋るのが得意であろう日向は、民子にルックスをバッサリ(を気にして?)なのでカメラマン。キマリは、え~と、主人公なりに頑張ってました。そんな動画制作が初めてのバラバラカルテットをまとめ、リポーターをほぼ一人でこなした結月。

さらにはノートPCを持ち込んでいましたし、その動画を編集してアップしていたと思います。子役として芸能界にいたこともあるでしょうが、16歳にしては非常にしっかりしてると感じました(姉ポジのキマリがあれだから余計にね)。

現実的な考察とすれば、動画での収入を上げたり、南極チャレンジの知名度アップ、過去のイメージ払拭と貢献っぷりは一番でしょう。クローズアップはされていませんが、私的に結月のそういう縁の下の力持ち的な部分を評価したいです。

え?結月がアイドルじゃなかったら?……、それ以上いけない。

キマリの寝言に悩まされた結月

FullSizeRender
「壺魔人がトイレから出てこない。きっと改札通れないんだと思う。

みんな忘れがちかもしれませんが、結月のここを褒めてあげて欲しいです

ジャンケンに負けたから仕方ありませんが、6話のシンガポールではベッドを占領されてしまいます。11話ではキマリの名言『壺魔人』に悩まされたと言っています。

フリーマントル~昭和基地。期間にすると約半月、毎晩の様に壺魔人に苦しめられたのです⇒参考サイト南極サイエンス

船酔いから立ち直ったとはいえ、慣れない艦上生活でストレスもあったでしょう。それでも耐えたのはすごいじゃないですか、すごいじゃないですか。結月の体力は4人の中で一番低いですからね。

仕事に前向きになった結月から学ぶ大切なこと

FullSizeRender

13話。伏線紳士こと氷見が勇気を出して、帰還してしまう結月にサインをもらいに来る場面。

あえて3話も10話も割愛して、ここが結月というキャラが伝えてくれることの中で重要だと思いました。結月はここで、改めて大切なことに気付きます。

それは『感謝する気持ち』だと思います。

それを持ったからこそ、自分は応援してくれる氷見(ファン)に何ができるか?何が返せるか?そう感じたでしょう。(キマリに聞かれてしまいましたが)結果、まずは自分が携わる仕事を前向きに頑張ろうとなったわけです。

そのプラスの変化は13話でサインをする結月、優しい顔をしている民子から感じ取れると思います。さらにその場面のセリフ『ちょっと怖いけど、きっとできる』=『前向きに新しい仕事に取り組むこと』とも取れます。

3、4話からも伝わってきますが、結月は芸能の仕事を事務的にこなしていた部分があったでしょう。それが『感謝する気持ち』に改めて気付けたことで、物凄いプラスの変化が現れたのです。

忘れがちになってしまいますが、感謝する気持ちを持つ。これは人生において最も重要なことのひとつであり、なおかつプラスの変化につながる大切なものです

……、結月最強キャラ説が浮上しそうです。

よりもい 白石結月を人気と名言・場面から察した感想 まとめ

FullSizeRender
『本当に褒めてくれますか?褒めてくれますか?』

といった感じで、結月に隠されていたというか、目立たない部分を含めて考察を進めてみました。妹キャラっぽいですが、色々と泥にまみれて?よりもいという物語に貢献していると思います。

アピールポイント一杯ありましたね、ごめんなさい(´・ω・`)

特にツッコミで日向を助けているのは評価される部分でしょう。また、わずかな場面ですが『感謝する気持ち』を持つことの大切さを表現しているのは素晴らしいと感じました。

また、妹ポジなので周りに支えられる場面が多いです。しかし、それも逆に支えられていることの大切さや有難さを気付かせ教えてくれる。そういう風にも捉えることもできるでしょう。

以上のことから考察・感想をまとめると、結月は見えない所でよりもいを支えている部分が大きいという結論に至りました

それでは、結月が一番可愛いと思うシーンを紹介して締めましょう。

FullSizeRender
「友達ですって♪

12話。弓子姉さんに『放っておけるのは良い友達の証拠だよ』と言われた場面。

みんな可愛くて迷ったけど、この場面をプッシュ。初めて友だちに見えると言われて、とっても嬉しそうな所。意外に結月の笑顔って少なくて貴重だと思います。

ゆづ友&よりもいファンの皆さん!!これからも結月を褒め称えてあげましょう!!

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)