最終更新2019年 12月22日

※この記事は3分あれば読めます。

昨日の村岡先生のツイートはご覧になりましたか?

『8巻の冒頭あたりを描いています』←?!

村岡先生連載史上、最長となる8巻目!!誠におめでとうございますorz

これは8巻までの間にアニメ化の話がくれば、チャンピオンにおいて安泰&看板漫画の地位を獲得じゃないですか!!毎週巻頭カラーとか最高かよ。

このビッグウェーブに乗るしかない!!もういっぽん民は、どんどん宣伝して新規ファンの獲得よろしくぅ!!

単行本は秋田書店の公式から試し読みおk。アマゾンレビューもおなしゃす⇒マンガクロス・もういっぽん

そのリンクは踏んでも私に紹介料は一切入らないから安心してGO。

使用している画像の著作権の全ては村岡ユウ先生、秋田書店に帰属します。

☆もういっぽん!が面白い 1巻 14話  感想 考察 ネタバレ?

・永遠VS天ねーさん+未知VS妹尾扉絵

IMG_7454
画像引用元:もういっぽん 2巻 村岡ユウ 秋田書店

本誌だとセンターカラーの見開き。

前回の引きからして、もう胃がキリキリしそう。でも、後ろの未知&妹尾の存在が和らげてくれるという癒し効果。

・永遠VS天ねーさん 開始!

出だしの未知の気持ちが分かる、伝わる画力に躍動感!!これがもういっぽんの魅力のひとつ!!

思わずマイ聖書スラムダンクの安西先生のそれだ!!のリアクションとりそうになるくらい。

そして、2人を応援するコマがいかにせめぎ合っているかが伝わってくるぅ!!

その中、冷静に見てる夏目先生マジクール。永遠への信頼感、絶大ですね。

予想通り、右の一本背負いに……いけないっ…。過去の思い出がフラッシュバックっ…。

暗黒スマイルもそうですが、この右の背負いも重要なポイント。

そう、永遠の言う通り、そんなつもりじゃない!不器用&コミュ障っぷりを分かっている読者視点だと、天ねーさんにジャンピング土下座して説明したいレベルのやきもき感。

一瞬の隙を突かれて、技ありを取る天ねーさん。緊張の場面なのに、後ろの妹尾のガッツポーズが可愛くて和んでしまうっ。

そして、間合いを取って睨み合う2人を、見つめる未知&亜美さん。はい、ここ重要!!

・未知&亜美さんの最高のアシスト


FullSizeRender
画像引用元:もういっぽん 2巻 村岡ユウ 秋田書店

2巻8話で早苗が賛辞していた未知の長所。空気を読めないけど、気持ち(空気)を変える。それをここで発揮する未知。

さらに、ダメ押しの早苗の援護アシスト!!←推しの出番を強調。

今は青西柔道部の永遠であり、みんながついてる。それを思い出させる最高のアシストじゃないですか!!

対する天ねーさんが平常心でないことに気づく、亜美さんの天使っぷり。これも素晴らしい。

こんなシリアスな場面でも、口を押えられちゃってる妹尾で和まずにいられない。

・永遠と天ねーさんの思い出。そしてパフェ…

互いに今のチームメイトの存在に助けられ、再び向き合う永遠と天ねーさん。

お互いに「ありがと」と思う、ある種の似た者同士っぽい所が胸を打つのよ。

そしてここからは、もう単行本読んで!!

読者「うわあ!!投げやがったぞ、コイツ!!」

くま子「ここからの素晴らしさは見てもらった方が早いし、伝わるんだよ!!」

2人の交錯する想いや成長。対比の演出。目からも鼻からも汗が出て、大変だよ。

あともう、7話で出てきたパフェね。安西先生のそれだ!!じゃなくて、パフェだ!!ってなりましたさ。ここでパフェとは私の目を持って(略。

14話を読んで以降、パフェを見ると泣きそうになる。とにかく、パフェ。

さらにまた回想の中に重要アイテムがあるので、そこはチェックしておくといいでしょう。

☆ もういっぽん!が面白い 2巻 14話  感想 ネタバレ まとめ

くま子「例えるなら、涙腺大崩壊が止まらない」
images (15)
読者「さらっとよりもいアピールすんな」

私の大好きなよりもいでいう所の「フォローバックが止まらない」に当たった14話。

もう絶対名作確定、絶対最終回まで見りゅううううう!!と心に堅く誓いました。

14話のサブタイ「もう一度」は、もういっぽんにおいて本当に重要キーワードだと思います。

柔道を通じて、もう一度様々な少女が向き合う物語。だから、タイトルはもういっぽんなのかと感じた14話でございました。

私を含めたおばさん、おっさん世代には特に刺さるよね?

村岡先生、担当のU田さんのTwitterはこちら⇒(村岡ユウ先生 @yuu1220) もういっぽん!担当U田 (@ipponagain) 

購入は秋田書店公式リンクへ。アマゾンレビューもおなしゃす!!試し読みもからでもぜひ!マンガクロス・もういっぽん

本日もご清聴ありがとうございました(*´ω`*)