百合道、始めます!

百合漫画・百合アニメ・百合ゲーなどのレビューブログ・著作権からの削除要請には速やかに対応させていただきます・ 相互リンク募集してます(*´▽`*)

百合シリーズ(2巻以上)

NKJK 全2巻 アクションコミックス 吉沢緑時 感想

本日はNKJK 全2巻の感想いきましょう。前からさっとあらすじを読んで、気になっていたNKJK。先月のkindleポイントセールで思わず大人買いしてしまいました。

NKJK 全2巻 吉沢緑時 アクションコミックス

※Ctrlを押しながらクリックして試し読みがオススメ。

NKJKって、どんな漫画? あらすじ

・西宝夏紀(さいほう なつき)の幼馴染であり親友の、富士矢舞(ふじや まい)が不治の病で入院してしまう。

・舞を救うためには人体の免疫力を高める『NK(ナチュラルキラー)細胞』の活性化が必要だと知った夏紀。

・NK細胞を活性化させるために必要なものは『笑い』。真面目な夏紀はお笑いを研究し、舞を笑顔にするため奮闘する―。

NKJKのキーパーソン 榎本凛

※本編を見てない人は飛ばしてもおkです。

キャプチャ
榎本凛(10歳)夏紀のお笑いの師匠

凛の存在感が大きかったですね。特に凛が落ち込む夏紀に対して言った『いわゆる~うれしいか』のセリフ。作者の思いも込められていて、さらに凛自身の思いも含まれているのを感じて、色々と考えさせられました。

file15の凛からのメッセージは泣きました(´;ω;`)ウッ…。

2巻の帯の文字『あなたには笑って生きて欲しかった』。普通に考えれば舞に対しての言葉なのですが、私には師匠である凛への夏紀からの言葉の様にも感じられました。

そう思ったら、また涙が(´;ω;`)ウッ…。

NKJK 全2巻  吉沢緑時 感想&レビュー

お笑いという不慣れなジャンルに、舞のために真剣に取り組む夏紀。上手くいくこともあれば失敗したりします。時にはアクシデントが起こったりも。その姿が胸を打ったり、時にはクスッと笑わせてくれます。
ネタバレなので反転しますが、ラストシーンでお笑いのチェック印が増えていたのは、本当に感動しました

病院が舞台ということもあり、舞や凛(入院患者であり、夏紀のお笑いの師匠)を通じて入院の辛さ、孤独感も描き出されていました。

巻末には吉沢先生の献辞があります。こういう気持ちだからこそ、NKJKの作風はそうなったんだと納得し、胸が熱くなりました。というか、読んでる途中ですでに泣いてました。
NKJKの紹介記事がある、吉沢緑時先生のブログはこちら⇒吉沢緑時(はてなブログ)

NKJK全2巻ではありますが、映画やドラマと同じくらいボリュームと濃い内容になっています。その中で人を笑顔にすることの難しさや大切さ。笑いの力を描いた作品だと思います。

百合目的で購入しましたが、百合は全くありませんでした。友情パワーオンリーです。ひとつの作品として、NKJKは本当に素晴らしい漫画だったので感想を述べさせていただきました。

……。いつになく真剣で、ちょっと重い感じの感想になってますが、構えなくても大丈夫だからね!(今さら)

夏紀は舞を笑顔にできるのか?物語の結末が気になった方は、ぜひ本編で確認していただければ幸いです。

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします

星川銀座四丁目 新装版 上下 玄鉄絢 感想

星川銀座四丁目が新装版 上下となって、新たに発売となりました。また新装版の出版にあたり、私が待望してた kindle(電子書籍)番もリリースされました。今回は旧版と新装版の違い。読み直した感想をアップしていきます。

星川銀座四丁目 新装版 上 下 玄鉄絢(くろがね けん)MFC

キャプチャ
星川銀座四丁目 上 (MFC)
※kindleにも対応しています。
  

星川銀座四丁目 新装版 旧版との違い

  • 上下巻になって新しい描き下ろしカバー(旧版のカバーも収録されてます)
  • 各話にサブタイが追加
  • 各話の終わりのアイキャッチに新しいバージョン追加
  • 名前の由来に描き下ろしにキャラ追加
  • イラストギャラリー追加
  • 描き下ろし追加
  • あとがき追加
新装版と旧版の主な違いは、こんな感じになっています。特に描き下ろしと、イラストギャラリー、あとがきは必見ですね。というか、ぶっちゃけ全部必見だと思います←。

星川銀座四丁目 新装版 あらすじ

・小学校教師の『那珂川 湊(なかがわ みなと)』は、家庭の事情で不登校だった小学5年生『松田 乙女(まつだ おとめ)』を引き取る。

・想い合う2人は甘い時間を過ごしたり、またある時はすれ違ったり、ちょとしたトラブルに巻き込まれたりする。

・そして月日は流れ、正式に乙女を家族(養子)にするために湊は行動するのだが―。

星川銀座四丁目  新装版 感想

今回、新装版ということで描き下ろしやイラストが追加された、星川銀座四丁目。私はkindleで購入しました。コミックのほうは、とらのあな、メロンブックス、コミックZINでは購入特典があるようです。

上の描き下ろしについて。まさかあんな酒癖がるとは……。下の描き下ろしについては、あ、そうきたか~。何となく乙女の姿が嬉しそうに見えるのは気のせいかな。

あとがきは色々な事を知れて楽しかったです。新装版のあとがきにて旧版のレビューで、私が疑問に思っていた部分が明かされてました。なるほど、そういう理由だったのですね(納得)。あと、かなえが嫉妬した理由の裏側も書かれてます。

ぶっちゃけ、久しぶりに読み直しましたが、やっぱり良いですね。年の差がある2人の関係が、数年の歳月を経て変化していく様子が、非常に丁寧にかつ可愛いく描かれています。物語の中ではかなり月日が経つので、ラストのほうはとても感慨深くなりますね。新装版では上下(旧版では全3巻)ですが、それ以上の読み応えがあります。

また、彼女たちの周りにいるサブキャラが素敵です。私の一番のお気に入りは大濠観月ですね。「面倒見るのが一人増えただけ」と答えた観月に惚れ申した。

惚れるといえば星川銀座の街並み。実際にモデルになったところがあるようなので、いつか聖地巡りに行ってみたいですね。キャラだけでなく、背景の美しさもこの作品の魅力のひとつです。

まとめると、年の差百合が好きな方にはぜひおすすめしたいです。大人ではあるけれど、ちょっと頼りない湊。子どもではあるけれど、ちょっと大人びた乙女。年の差がある2人の関係が、数年の歳月を経て変化していく同性の同棲物語。未見の人も、読んだことのある人にも『星川銀座四丁目 新装版』は楽しめる百合漫画となっています。

本日も最後まで閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします

終活女子高生 全2巻 津々巳あや 感想 ちょっと考察

本日は終活女子高生 全2巻の感想です。女子高生×終活という、とても珍しいジャンルだったのでつい購入してしまいました。

終活女子高生 全2巻 津々巳あや 芳文社

image1 (10)
※Ctrlを押しながらクリックして試し読みがオススメ。

終活女子高生って、どんな本?あらすじ

・高1の見た目ヤンキーでクラスで浮いている藤沢沙羅(ふじさわ さら)は、お嬢様と噂される大泉律(おおいずみ りつ)から、突然友達になって欲しいと言われる。

・沙羅が理由を聞くと、律は以前から仲良くなりたいと思っていたこと。余命が一年であることを打ち明ける。

・最初は嫌がっていた沙羅だが、律の終活に振り回されているうちに……。

就活女子高生 ちょっと考察

※考察につき、ネタバレ注意。

なぜ律は沙羅を選んだのか?

本編でさらっと答えていますが、その他にも理由がありそうな気がします。

ヤンキーとしてクラスで浮いている沙羅を救いたかったのではと思います。律自身もお嬢様キャラでクラスで浮いていると語っていたので、似た境遇の沙羅に何かシンパシーを感じのではないでしょうか。律自身は余命一年だけれど、沙羅はまだずっと学校生活を続けていくわけです。本当は優しい沙羅と友達になり、親しみやすい所を引き出して、クラスメイトの誤解を解きたいと考えていたのでしょう。

また律は沙羅と沙羅ママの絆が深まる様にも働きかけていましたね。

沙羅が言った「アイツが全て繋げてくれてたのに」。このセリフが表す様に、律が沙羅を選んだ理由にの中に、沙羅を救いたいと思う気持ちが含まれていたのではと思います。

ラストについて

あとがきで拝見しましたが、津々巳あや先生はあえてあのラストになさったそうです。あの様な感じも良いと思いました。

終活女子高生 全2巻 津々巳あや 感想&レビュー

一言でいうなら終活女子高生は、女子高生×終活×微百合(友情に近い)の4コマコメディ作品となっています。

終活というテーマを入れておきながら、それを受け入れ安くしているコメディの部分が素晴らしいです。沙羅のツッコミ、律のボケの掛け合いにおけるキレが半端じゃないです。キレっキレですよ。さらに、海、銭湯、看病の萌えエピソードをしっかり押さえてあるサービスっぷり。特に遺影のエピソードは笑ってしまいました。あのプリクラは必見です。

1巻では笑わせながらもシリアスというか、しんみりくるエピソードでの引き。2巻でも笑わせながら、徐々に律の余命が近づくことに対して、沙羅が色々と思う描写が1巻より入ってきます。年間のイベントや、沙羅の気持ちを通じて、時間が経過しているのを思わせる描き方が上手だなと感じました。

キレのあるコメディ部分と、しんみりさせる部分。緩急(強弱)のバランスが絶妙で、全編を通してとても楽しめる仕上がりとなっております。

肝心な百合についてですが、友情色のほうが強いと感じました。それでも、時折ふっと見せる沙羅と律の想い合ってる描写はドキッとくるものがありました。また時にはウルっと涙腺を刺激することもありました。

終活女子高生は百合好きでない人も、百合好きな人も楽しめる素敵な作品だと思います。さらに終活にも詳しくなれて、とってもお特です。沙羅と律の物語の結末が気になった方は、ぜひ本編で確認しましょう。

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします

「いつか私は、君を裏切る」1巻 桜井瑞希 感想

本日は「いつか私は、君を裏切る」1巻 桜井瑞希 感想です。百合+ミステリーといった印象の、珍しいジャンルだったので購入してみました。

「いつか私は、君を裏切る」1巻 桜井瑞希  芳文社 

※Ctrlを押しながらクリックして試し読みがオススメ。 

いつか私は、君を裏切るは本編6本。描き下ろし4コマ。表表紙におまけ漫画が収録されています。

「いつか私は、君を裏切る」って、どんな本?あらすじ

・高校教師である独善愛衣狐(ひとよし あいこ)は生徒から、ちょっとした悪戯をされて困っていると相談を受ける。

・愛衣狐が同僚であり先輩の初恋燕(ういれん つばめ)に相談すると、妹の初恋(ういこ)を紹介される。

・初恋は見事に事件を解決する。その中で愛衣狐は初恋に対して、昔の自分を重ねていき……。

愛衣狐と初恋
image1 (9)

「いつか私は、君を裏切る」1巻 桜井瑞希 感想

ストーリーの流れは、初恋と愛衣狐に事件が舞い込んで解決するという、一時期流行った探偵漫画をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。さらにそこにヒロイン2人、事件を起こす犯人の愛憎劇が混ざってて、病み&闇が深いです。可愛らしい絵が病み&闇バージョンになった時はゾクッときました。ぶっちゃけ、クセになりますよ←

初恋と愛衣狐、それぞれ過去に色々あったことの伏線があり、一度読んだら続きがとても気になります。また、2人がこれからどんな事件(愛憎劇)に巻き込まれるかも、良い意味でゾクゾクして楽しみになりました。

残念な部分を挙げるとすれば、初恋の推理力が高い理由が説明されていない(これから説明されるかもですが)。キャラの名前が厨二すぎて覚えにくい。もちろん意味があってそう付けているのもあります。

感想をまとめると、百合+ミステリー+愛憎劇という面白い切り口の作品です。日常系の作品にはない、何かを求めたい方に「いつか私は、君を裏切る」はオススメしたいです。

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします

2DK、Gペン、目覚まし時計。4巻 大沢やよい 感想 ちょっと考察

本日発売となりました2DK、Gペン、目覚まし時計。4巻をkindleで購入しました。本の紹介、みあらすじ、そして感想&ちょっとした考察のほういきましょう♪

2DK、Gペン、目覚まし時計。 4巻 大沢やよい (○twitter) 一迅社 


ctrlを押しながらクリックで試し読みがオススメ♪ 

2DK、Gペン 、目覚まし時計。4巻は本編4話。描き下ろし1話。各話終了の一コマおまけイラスト。あとがき。表表紙におまけ漫画あり(マスター葵のほうは必見です)。以上が収録されています。

2DK、Gペン、目覚まし時計。4巻のあらすじ

4巻は菜々美のほうに色々な出来事が降りかかる、ハラハラドキドキの展開となっていました。というか、ほぼ菜々美のターン。そのあらすじをさくっと三行。

・ふとしたきっかけで、かえでの前同居人の話題が出て、なぜか色々意識して悩む菜々美。

・取引先の京女・辻堂葵(つじどう あおい)に振り回される菜々美。ついにはデートをしてしまう。

・自分の気持ちに気付いた菜々美。そんな時に大学の後輩、古賀万尋(こが まひろ)から連絡が入る。

かえでと菜々の日常
image2 (3)

2DK、Gペン、目覚まし時計。4巻の感想 ちょっと考察ネタバレあり

感想の前にこれだけは伝えたい。方言はね、広島弁が一番可愛いと思います!!異論は認めます←

4巻の表紙を見た時に葵が一瞬、誰だか思い出せなかったのは内緒です。まさか、2巻の登場が伏線という形で、今回につながるとは思いませんでした。しかも、キーパーソンとして。

そんな葵の登場により、色々と振り回される菜々美が非常に可愛いです。恋愛の駆け引きは葵のほうが一枚上手でした。もしかしたら葵は菜々美の気持ちにも、かえでの気持ちにも気付いてたかもしれませんね。あの、お見通しっぷりならありえそうです。

今回なんやかんやあって、やっと菜々美が自分の気持ちに気付きます。そこから、かえでをさらに意識して悩む姿が微笑ましかったです。デキる女の菜々美のイメージが強い分、なおさら萌えました。

また、描き下ろしでかえでsideの視点が素敵でした。今の漫画で使えないかなのセリフは伏線になりそうと感じたのは私でけしょうか。
キュンときたシーンを考察。ため息をつく→無言→かえでのデレ顔→もう、しょうがないなの流れ。玄関でネームを仕上げる行為に対して。菜々美のことを必要以上に意識し始めている自分に気付いての、2重の意味でのしょうがないなですよね?。かえでのデレ顔が、より一層可愛く感じられました。5巻はかえでのターンに期待しちゃいますね。

その5巻への伏線として本編では菜々美の後輩、古賀万尋の登場。おそらく、SNS系列と元彼つながりで、菜々美のことを知ったのでしょう。続きが非常に気になるところで、4巻は終了でした。

という感じで、ボリュームたっぷりの2DK、Gペン、目覚まし時計 4巻でした。名キャラルー子さんは出番は少なかったけど、いつも通り良い味を出してましたよ( *´艸`)

Twitterで大沢やよい先生をフォローすると毎週月曜に意識高い系キャラのルー子さんから、『月曜日にモチベが上がらないあなたへ贈る魔法の言葉』が更新されるそうなので要チェック٩( ''ω'' )و

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします
お問い合わせはTwitterかコメでお願いします
作品・キーワード検索
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』
カテゴリー別百合漫画一覧
最新コメント
この社会人百合漫画がすごい!
この社会人百合漫画がすごい!
この社会人百合漫画がすごい!
2017年イチ押し百合漫画
2016イチ推し作品
【オススメ】FLOWERS秋篇【百合ゲー】
百合道を極めし者の数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: