百合道、始めます!

百合漫画・百合アニメ・百合ゲーなどのレビューブログ・著作権からの削除要請には速やかに対応させていただきます・ 相互リンク募集してます(*´▽`*)

2巻以上の百合漫画

ご主人様と獣耳少女のメル 2巻 伊藤ハチ 感想

ご主人様と獣耳少女のメル 2巻 伊藤ハチ を遅まきながら拝見させていただいたので感想&レビューをアップさせていただきます。

ご主人様と獣耳少女のメル 2巻 伊藤ハチ 電撃コミックスNEXT


ご主人様と獣耳少女メルはWEB漫画『Comic Walker』で連載されている作品です。第2巻は全7話で構成されています。8~12話と、今回は特別編が2編収録されています。本編の各話の後にご主人様のひと言日記とイラスト。表裏表紙におまけ漫画があります。

ご主人様と獣耳少女のメル 2巻 あらすじを三行

・お使いの途中で雨宿りするメル。偶然にも足の不自由な女性と一緒になる。

・心優しいメルは雨が止むまで、彼女に屋敷で休んでもらうように案内する。

・足の不自由な女性はご主人様とは初対面でない様子で―。

image6 (3)



ご主人様と獣耳少女のメル 伊藤ハチ 感想&レビュー

※感想故にネタバレを含むので申訳orz

今回は一気に登場人物が増えて、物語に広がりが出ましたね。特にその中でメルやステラを通じて、ご主人様のリアクションや、感情表現が豊かになり変わってきたと思いました(コレットさんもおっしゃってましたが)。さすがベテランの伊藤ハチ先生。絵も素敵で気持ちが伝わってきますし、各キャラの魅せ方が本当に素晴らしいですね。

2巻の見どころは色々とありましたが、やっぱり一番キュンキュンきたのは『メルが自分の気持ち』に気づき、色々と悩んでやきもきするところですね。特にフランにご主人様との関係を指摘されたシーン。あのメルの表情!!何とも言えない気持ちになって、胸が締め付けられましたね。フランもきっとメルのことが好きだから、つい言い過ぎてしまったのでしょう。何というテンプレ的ツンデレ。

新キャラが一気に増えましたが、そんなメルを見守ろうとするマリーが私の1番のお気に入りです。マリーの様なポジションのキャラが好きなんですよね。報われなさそうな、親友ポジション。お花畑でメルから、髪飾りを作ってもらった時の笑顔。メルが傷付かない様に、つい声を大きくしてフランのお話を遮るところとかもうね。マリーの気持ちを知ってる読者としては、もーもーもー!!マリーには幸せになって欲しいっ(切実)。

さらに個人的にお気に入りのメイドのコレットさん回もあって感涙でした。そこでコレットさんが、ご主人様に伝えた言葉。『何かを選ぶことは~後悔しないように』は、心に響きました。そして、それはこれからのご主人とメルの未来への伏線かもしれませんね。

今回の2巻はハートウォーミングな要素だけでなく、恋愛模様あり、百合もあり、非常に楽しめました。さらに特別編のメルとご主人様も、笑いあり、ドキドキありで素敵でしたね。それに加えて、2巻の引き。絶妙すぎて次巻が待ち遠しくて仕方ありません。

最新話は『Comic Walker ご主人様と獣耳少女メル』のページで確認できます。

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 百合道を極めるポチをお願いします

私と彼女のお泊まり映画 2巻 安田剛介 感想

私と彼女のお泊まり映画 2巻が発売になりました。

今回は何とコミック版のほうは一部の店舗で特典が付いています!!詳細は私と彼女のお泊り映画が連載されている、くらげバンチの公式でチェックしましょう♪

私と彼女のお泊まり映画 2巻 著者 安田剛介 新潮社

image1 (47)
※ctriキーを押しながらクリックして、素敵な絵はなか見!検索でチェック♪

私と彼女のお泊り映画2巻は本編が10本。おまけの描き下ろしが1本。表表紙には4コマ『18話めの麻由美』が収録されています。

私と彼女のお泊り映画の見どころ

・2人だけのお泊り映画鑑賞会を高校生の頃から続けている、大の仲良しである女子大生の佐藤小春(写真・右)と黒澤麻由美(写真・左)。

・映画を通しながら、確実にお互いを想い合う気持ちが育っていく小春と麻由美。

・しかし、ふとしたきっかけで小春が合コンに行くことになってしまい、麻由美は……。

私と彼女のお泊り映画 2巻 感想

『くらげバンチ』にて、毎週楽しみにしていた私と彼女のお泊り映画が早くも2巻目に突入!!しかも、今回は描き下ろしのおまけ&表表紙の4コマ付でグッジョブ♪

※感想はちょっとネタバレあるので注意

今回は1巻以上に小春と麻由美のラブラブっぷりが見ることができて大満足です。色々と好きなシーンはありますが、14話目の小春のセリフ。『毎週金曜は大切な日だから~』。もう、小春△。と思うと同時に、麻由美のことが本当に好きなんだな~って感じました。

また、19話目の麻由美が鎌かけから、クリーチャーの真似をしながら思いを伝えるシーン。っていうか、もう告白以外の何物でもないですね。何度読み返してもキュンキュンきました♪映画と二人のラブっぷり上手く絡めた表現が、この作品の魅力的で素敵なところ(*ノωノ)

そして15話目のバレンタイン編。これもめちゃくちゃニヤニヤしてしまうエピソードでしたね。メッセージカードについてはとうふさん(百合さえあれば)が紹介なさっていた、スピンオフ作品『私と彼女の同棲生活』での伏線として回収されています。麻由美のメッセージカードについての特別な思いを知ることができるので、ぜひそちらを見て読み返すとさらにグッときます!!

お約束の各エピソード後の、小春と麻由美の個性溢れるレビュー。今回も2人の掛け合いが良かったですね。香川に行くは伏線かな?2人だけの初旅行とか期待せずにはいられませんね。

私と彼女のお泊り映画は来年度の次にくるマンガ大賞か、この漫画がすごい!にノミネートされるんじゃないかなと個人的には思っています。

それくらいイチ推しの作品となっておりますので、気になった方はチェックしていただきたいと思います。

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします

終電で帰さない、たった1つの方法 2巻 トクヲツム 感想

終電で帰さない、たった1つの方法2巻の感想&レビューをアップしていきます。

私的企画の『この社会人百合漫画がすごい2016』でも、オススメさせていただいた作品の続編です。

終電で帰さない、たった1つの方法 2巻 トクヲツム 一迅社

image
※ctrlキーを押しながらタイトルをクリック→別窓からなか見!検索で絵を確認できます。

終電で帰さない、たった1つの方法 2巻は本編が10本。描き下ろし1本。あとがきで構成されています。

終電で帰さない、たった1つの方法 2巻 って、どんな本?

前巻からの続きで、物語の中心は付き合うことになったクール&ビューティー&仕事のできる女『瀬川綾香(せがわ あやか)』と、後輩の『森戸菜々子(もりと ななこ)』。

今回の2巻は全編を通して、2人の日常や女同士であることの不安。それらを綾香と菜々子を通して描かれています。

終電で帰さない、たった1つの方法  2巻 感想&レビュー

上記の部分で紹介した、綾香と奈々子の2人の日常が余す所なく描かれております。特にイチャラブ度がMAXとなっております。

付き合ってから知るお互いの意外な一面。それを見た時の、綾香と奈々子。2人の心理描写がもう可愛いくて、キュンキュンしっぱなしです。むしろ、甘い、甘すぎる。お互いが触れ合う描写もエロリー過ぎず良いです。

もちろん甘いだけでなく、女同士である所に悩む部分などもしっかり描かれています。

また、前回の感想で突っ込ませていただいた絵ですが、1巻よりとても洗練なさっているなと感じました。ただ、2人の髪の色(トーン?)は、変えたほうが見やすくて良いかなと思います。髪の色が同じなのは、もしかしたらこだわりor伏線かもしれませんが……。

綾香と奈々子のストーリーはpixivやTwitterでも更新なさっているので、お気に召された方はそちらもチェックしましょう。1巻で登場した地味系女子の吉田さんと、派手系女子のハナエさんのストーリーも読むことができます。そっちも、とても良かったですよ♪個人的にはそちら推しだったりします。

終電で帰さない、たった1つの方法は、社会人百合の甘い甘いストーリー系をお探しの方にもってこいの作品となっております。

本日も最後まで閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
 にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします♪ 

2DK、Gペン、目覚まし時計。5巻 大沢やよい 感想

本日発売となりました2DK、Gペン、目覚まし時計。5巻を早速kindleで購入しました。

コミック(紙の本)だとアニメイトやとらの穴などのアニメショップでは、各店舗ごとに素敵な特典がついているようなので要チェックですね。

それでは5巻のあらすじ、そして感想いきましょう♪

2DK、Gペン、目覚まし時計。 5巻 大沢やよい  一迅社 

ctrlを押しながらクリックで試し読みがオススメ♪ 

2DK、Gペン 、目覚まし時計。5巻は本編5話。描き下ろし2話(万尋side、葵編side)。各話終了の一コマおまけイラスト。あとがき。表表紙におまけ漫画あり(今回は万尋伝説)。以上が収録されています。

2DK、Gペン、目覚まし時計。5巻のあらすじ

5巻は菜々美、かえで、恋由姫、万尋。彼女たちの想いが四者四様に交錯する展開となっていました。そのあらすじをさくっと三行。

・後輩である万尋から告白される奈々美。

・その一方で、自分の気持ちに気付いた恋由姫はかえでに想いを伝える。

・かえでへの想い。万尋からの気持ちに悩む奈々美は、かえでの恋愛観を聞いてしまい……。

2DK、Gペン、目覚まし時計。5巻の感想 ネタバレ少な目

今回の5巻は一気に物語が進んでいくジェットコースター巻であり、今までの2DKの中で最も重要な巻となっていました。

5巻の物語の中心であり、見どころとなった奈々美と万尋の想い。その描き方がとても素晴らしかったです。コミックの裏表紙のキャッチコピー『女ふたりが前へ進む決心した話』の部分ですね。

かえでを想う故に進むことができない奈々美。奈々美を想い続けるが故に進むことができない万尋。この2人の気持ちを重ねて、さらに昇華する描写。マーベラスでした。
傷付かずに済む恋愛なんてない。また、傷付かずに前に進むこともできない。でも、それが必要なことであり、大切であることを感じさせてくれましたね。
って、偉そうに言うほど恋愛してませんけれども。

キャラについてなんですけど、ぶっちゃけ万尋はヤンデレ化するんじゃないかと思ってました。ハラハラしていましたが、良い方に向かって何よりでした。
恋由姫がかえでを意識しているのは薄々感じてましたが、あっさり割り切ったのは意外でした。え?の後に何かあったのではと思ってます。
一方、名物キャラのルー子さんは、緊張感が走る今回も癒しを与えてくれましたね。グッジョブ♪

作中でかえちゃんが語っていた恋愛観&恋愛経験。これはもしや、大沢やよい先生自身の経験なのでは?と思ったのは私だけではないはず。

といった感じで、ボリュームたっぷりの見どころたっぷりの2DK、Gペン、目覚まし時計 5巻でした。

今回はめちゃめちゃ良い所で引きなので、早くも6巻が見たくて仕方ありません。その本作品は『次にくるマンガ大賞』にノミネートされております。そちらでも応援しましょう♪

Twitterで大沢やよい先生をフォローすると毎週月曜に意識高い系キャラのルー子さんから、『月曜日にモチベが上がらないあなたへ贈る魔法の言葉』が更新されます٩( ''ω'' )و

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします

NKJK 全2巻 アクションコミックス 吉沢緑時 感想

本日はNKJK 全2巻の感想いきましょう。前からさっとあらすじを読んで、気になっていたNKJK。先月のkindleポイントセールで思わず大人買いしてしまいました。

NKJK 全2巻 吉沢緑時 アクションコミックス

※Ctrlを押しながらクリックして試し読みがオススメ。

NKJKって、どんな漫画? あらすじ

・西宝夏紀(さいほう なつき)の幼馴染であり親友の、富士矢舞(ふじや まい)が不治の病で入院してしまう。

・舞を救うためには人体の免疫力を高める『NK(ナチュラルキラー)細胞』の活性化が必要だと知った夏紀。

・NK細胞を活性化させるために必要なものは『笑い』。真面目な夏紀はお笑いを研究し、舞を笑顔にするため奮闘する―。

NKJKのキーパーソン 榎本凛

※本編を見てない人は飛ばしてもおkです。

キャプチャ
榎本凛(10歳)夏紀のお笑いの師匠

凛の存在感が大きかったですね。特に凛が落ち込む夏紀に対して言った『いわゆる~うれしいか』のセリフ。作者の思いも込められていて、さらに凛自身の思いも含まれているのを感じて、色々と考えさせられました。

file15の凛からのメッセージは泣きました(´;ω;`)ウッ…。

2巻の帯の文字『あなたには笑って生きて欲しかった』。普通に考えれば舞に対しての言葉なのですが、私には師匠である凛への夏紀からの言葉の様にも感じられました。

そう思ったら、また涙が(´;ω;`)ウッ…。

NKJK 全2巻  吉沢緑時 感想&レビュー

お笑いという不慣れなジャンルに、舞のために真剣に取り組む夏紀。上手くいくこともあれば失敗したりします。時にはアクシデントが起こったりも。その姿が胸を打ったり、時にはクスッと笑わせてくれます。
ネタバレなので反転しますが、ラストシーンでお笑いのチェック印が増えていたのは、本当に感動しました

病院が舞台ということもあり、舞や凛(入院患者であり、夏紀のお笑いの師匠)を通じて入院の辛さ、孤独感も描き出されていました。

巻末には吉沢先生の献辞があります。こういう気持ちだからこそ、NKJKの作風はそうなったんだと納得し、胸が熱くなりました。というか、読んでる途中ですでに泣いてました。
NKJKの紹介記事がある、吉沢緑時先生のブログはこちら⇒吉沢緑時(はてなブログ)

NKJK全2巻ではありますが、映画やドラマと同じくらいボリュームと濃い内容になっています。その中で人を笑顔にすることの難しさや大切さ。笑いの力を描いた作品だと思います。

百合目的で購入しましたが、百合は全くありませんでした。友情パワーオンリーです。ひとつの作品として、NKJKは本当に素晴らしい漫画だったので感想を述べさせていただきました。

……。いつになく真剣で、ちょっと重い感じの感想になってますが、構えなくても大丈夫だからね!(今さら)

夏紀は舞を笑顔にできるのか?物語の結末が気になった方は、ぜひ本編で確認していただければ幸いです。

本日も閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします
お問い合わせはTwitterかコメでお願いします
作品・キーワード検索
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』
カテゴリー別百合漫画一覧
最新コメント
この社会人百合漫画がすごい!
この社会人百合漫画がすごい!
この社会人百合漫画がすごい!
2017年この百合漫画がすごい!
2017年イチ押し百合漫画
2017イチ推し百合漫画
FLOWERS冬篇
百合道を極めし者の数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: