※最終更新 2017年1月25日

今回紹介する作品は百合を語る上で外せない、名作中の名作GIRL FRIENDSです。百合初心者・ビギナー(私もですが)の方には、ぜひ百合入門書として読んでいただきたいですね♪

※レビューは5分あれば読めます

GIRL FRIENDS 全5巻 著者・森永みるく(○Twitter)(blog・ミルミルム) 双葉社

※試し読みができます。

忙しい人のためのGIRL FRIENDSって、どんな本?

IMG_20160107_013545

・高1の真理子(左)は2学期の英語の追試が終わった時に、亜希子(右)に一緒に帰ろうと誘われる。

・そこから2人は少しずつ仲良くなっていき、お互いを意識する様になる。

・数々のすれ違いを乗り越えてまりとあっこは……。

という感じの百合ストーリーが高校3年間を通して描かれた作品です。

あまりにも有名すぎる作品で、世界中でも愛され、漫画サンクチュアリアワード受賞。

IMG_20160107_014326

魅力的なサブキャラクターの紹介

メインヒロインである、大人しく控えめな優等生まり(真理子)。性格は明るく見た目はギャル・中身は友達思いで純情なあっこ(亜希子)。2人とも素敵なヒロインです。

しかし、ここではあえて魅力的なサブキャラクターである、クラスメイトを紹介していきましょう。

IMG_20160107_013928

 関根珠美(左・通称たまみん)

アニメ・漫画好きのヲタク。たまみんはロリ枠でムードメーカー担当。酔うとキス魔になる。

 杉山里子(右・通称すぎさん)

すぎさんはお色気担当のモテ子。そのためアッコの真理への恋愛相談に乗ったりすることも。また、2人の関係にしれっと気付く女子力の高さは、とても女子高生とは思えません。

たまみんとすぎさんの微百合も良いものです(*´ω`*)

 田口うらら(通称たぐっちゃん)

IMG_20160107_013625

決して、この子を紹介したくて、この見出しを作ったわではありませんよ?

ボーイッシュなショートの似合うテニス部員です。リアクションとか、色々可愛いんですよ!!ちょっと残念な描写もあったり、ぜひその辺りは本編で確認して欲しいですね。
欲を言えばたぐっちゃんの百合があれば、もっと良かった!!残念ながら、たぐっちゃんはノンケです。

GIRL FRIENDS 森永みるく 感想

高校生である、まりとあっこの気持ちの描写が、非常に丁寧に描かれている素晴らしい作品です。最初は女子高が舞台で社会人の自分には感情移入しにくいかな?と思っていましたが、全然そんなことは無かったですね。

特にまりが徐々にあっこを意識し始めてから、あっこへ気持ちを伝えるところ。さらに、まりの気持ちに気付いてから、あっこが自分の気持ちに悩むところ。その心理描写のアップダウンに、ドキドキしたりヤキモキしたり目が離せなくなります。

百合作品にしては長めの5巻ということで、気持ちの描写。ストーリー展開。各キャラの魅力。そして百合。そういったもの、全部詰まったのがGIRL FRIENDSという作品です。

女子高が舞台の王道作品の代表として、百合初心者(ビギナー)向けの作品として強く推薦します
。百合道を極めるには、まずGIRL FRIENDSを読んでみましょう!!

今回も最後まで閲覧いただき誠にありがとうございました(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ百合道を極めるポチをお願いします♪