百合道、始めます!

百合漫画・百合アニメ・百合ゲーなどのレビューブログ・著作権からの削除要請には速やかに対応させていただきます・ 相互リンク募集してます(*´▽`*)

FLOWERS攻略日記

FLOWERS冬篇 攻略日記7 ルートまとめ 各エンディングの感想

FLOWERS冬篇 攻略日記7 ルートまとめ&感想をお送りします。   

最初にルートとまとめ&一言?感想。エンディングについての感想、疑問、考察という形で進めていきましょう。

image


今回のえりか様の無双っぷりはやばかったですね。

FLOWERS 冬篇 攻略ルートまとめ

※周回ゲーなので、途中からでなく最初からプレイし直しましょうね。

※間違っている部分があったらごめんなさいorz

BAD END4

最初の黄色い選択でひたすら進んでいって、特殊な選択肢『寝ない』を選択しないと見ることができます。

中途半端に選択肢を選んで、百合のアイコンが成長しないままゲームを進めても見ることができます。???の部屋への侵入が失敗すればおk。

マユリEND

最初にひたすら青いルートで突き進むと見ることができます。恐らく大勢のユーザーが一番最初に見たエンドかと思います。

GOOD END

マユリENDを見てから、最初からスタートを選んで、青いルートで突き進む。

立花エンド

最初の選択肢→立花のほうが→その後は青→寝る、寝ないが出たら寝ないを選ぶ→再度、青を選ぶを繰り返す→寝ないを選ぶ→青を選択→プレゼントを渡を渡すが出たら選ぶ→ひたすら青を選択。

GROUND FINALE

※上記のエンドを全部見た上でないと、たどり着けないようです。

上記エンドを全て見て、もう一度青ルートをひたすら突き進む。

※初回限定版に付属されているドラマCDを聞くまでが、FLOWERS冬篇です。

image   

FLOWERS 冬篇 攻略 各エンディングの感想  ネタバレ注意 

BAD END4

今までで一番力を入れた THE BAD END。一言でいうなら、記憶を亡くした浦島蘇芳エンド

立花といい感じになったところで、ポツリと呟く立花。怪談より怖かったです←。

これは心を折られるエンドでした(´;ω;`)ウッ…

マユリEND

これは2周目への伏線エンドですからね、特にノーコメントかなと。

GOOD END

物語のほとんどがわかる解決編です。肝心な恋の結末については、まとめ↓で書きます。

立花エンド

マユリを探すことを止めた世界線のエンディング。

マユリがいなくなった→立花とチュッチュ♪というエンドを単純に期待していたゲスは私です。

この形になった理由はドラマCDの立花の想いを聞くと、特に伝わると思います。3人のアミティエの中で、この形をが一番強く望んでいたのが、きっと立花だったのでしょう。マユリのいない世界で蘇芳もそれを選んだのでこういうエンド。立花の意思が強く反映されているため、立花エンドというタイトルになったんだと思います。

蘇芳の私の隣にいるアミティエを愛するというセリフ=立花。今はここにはいないマユリもという意味で、私は受け取りました。

春篇の立花エンドより切ない胸を締め付けられるエンド。ドラマCDを聞いてから、もう一回ラストの絵を見たら号泣です。本来辿り着きたかった未来が、あのラストの絵ですからね。それをあえて、立花エンドで見せるという演出。この手法を考えたイノグレさんはドS素晴らしい。

GROUND FINALE

GOOD ENDにアフターエピソードが補完されています。一応、完結ですが何だか続きがありそうな雰囲気。エンディング曲は必聴です。秋篇の二重唱も素晴らしかったですが、こちらもマーベラス!!!!!!

3人でひとつのアミティエという落としどころは納得のエンド。

image
この立花の立ち絵好きなんですよ(*´ω`*)

FLOWERS 冬篇 攻略 感想 まとめ  ネタバレ注意 

お疲れ様でしたー♪やっと、全ルートクリアーしました。

立花の魅力満載で大満足でした。ちょっと、また立花の名シーンだけ見ようかしら←え?

春篇では大暴走し、ヤンデレの片鱗や重たい部分を魅せた立花。しかし、シリーズが出る度に、いじられキャラになったり、時には少女の様な可愛さを魅せたり、犬系彼女ごときわかりやすさを魅せたりと大変身。最終的には慈愛、母性も兼ね備えたおかんポジションもゲット。本当にいいキャラでした。

立花を活かしてたのは、やっぱり明島ゆうりさんのボイスによる所が大きかったですね。初めて聞いた時からピッタリとは感じていましたが、本当に素晴らしい演技で最高でした(*´ω`*)

気になっていることといえば、まだ回収しきれてない伏線&謎がありますよね?その辺の考察は頭のキレる人たちにまかせます(投げっ放し)。それより私が突っ込みたい所は―

たまちゃんが出演しなかったことだよぉおおおおお(´;ω;`)ウッ…

滅茶苦茶期待してたのに、ドラマCDにも出演なしだよー!!もーもーもー!!これは、次回作決定ってことでよろしいですよね?イノグレさん(懇願)。

ドラマCDも最高でした。というか、ドラマCDを聞いて冬編完結ですからね。大事なこと(略)。ドラマCDは特に石蕗さんに持っていかれた感。まさか立花譲りのあれが出るとは思わなかったです。外間さんも小動物系と見せかけて、何あのアグレッシブさ。

まとめるとFLOWERSシリーズは最高。そして立花が一番可愛い!!二番はえりか様、三番は林檎&チドリン。異論は認めます←

また百合ゲーをプレイすることがあったら、攻略日記をアップしたいと思います。それでは皆さんは素敵なアミティエに巡り合えますように♪

    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 百合道を極めるポチをお願いします

FLOWERS冬篇 攻略日記6 感想 ネタバレ注意

FLOWERS冬篇 攻略日記6 感想 ネタバレ注意をお送りします。   

物語はついにクライマックスに突入。 物語の伏線は回収されるのか。たまちゃんの出番はまだなのか?そして、何より立花は幸せになれるのか? そんな気持ち挑んだchapter6となっております。

くま子「いつも通りchapter6でエンディングですよね?」
      ダウンロード (13)
読者「それはどうかな」

image   

FLOWERS 冬篇 chapter6 攻略 感想 ※ネタバレ注意

さてさて、今回もchapter5の流れに沿って(場面orシーンの区切りごとに)、感想を書き出していきます。初回ルートはひたすら青を選択していきます。   

当ブログの推しメンは花菱立花となっております。    

※核心に近い部分には触れませんが、それ以外のネタバレを含むので未プレイの方は注意です。

立花&蘇芳の部屋

マユリのに関する情報を全部は言えない蘇芳。それが歯痒くて、つい苛立ってしまうえりか様。

そこでえりか様×蘇芳の事案発生!!!!!!

ちょ、えりか様イケメンすぎぃ!!!!さすがFLOWERS最大の良心。ちょっと気が多いけど

さらにとどめと言わんばかりの殺し文句発生!!!!!!

圧倒的悶絶っ…。CGが無かったのは残念でしたが、きっちり脳内妄想で保管しました。今回はいつも以上に再生するシーンが多くて、ゲームが全然進みませんね。

この場には立花&チドリンがいたので、キッチリ突っ込まれました。

バレエ教室


演劇のセリフ読みの練習中の、新キャラ石蕗さんの嫉妬は必見&必聴。

蘇芳さん、石蕗さんは本気で憎々しいと思ってますよ(小声)。

立花&蘇芳の部屋


様子がおかしいことを苺&林檎に見抜かれる蘇芳。ここは胸熱のシーンでしたね。 双子なだけにセリフも息ピッタリ♪

ダブルキャストだと知って衝撃を受けたのが、つい昨日の様に感じられました。

ここでも蘇芳の鈍感発生。まあ、これはプレイヤーしかわからないことなので仕方ないですね。でも、えりか様は何となく見抜いてそうな気がしますですが……。

私もあの二人が敵と思っていましたが、苺&林檎の意見で冷静になれました←。

苺&林檎にデレるえりか様も必見です。

???

某所にて名探偵苺&林檎の活躍。  強くなったのねとチドリンからお褒めの言葉

それは、いつも2人一緒だからね!!(ゲス顔)

???

ここでは名探偵立花の大活躍!手伝おうかと言う蘇芳に『大丈夫、せっかく―』と笑顔の立花。思わず何度も聴き直して、妄想が捗りましたね(意味深)  

???

ここでクライマックスの謎説き&そしてまたしても―。

これは一体、どういうことだってばよ?

イズニク


※ここは(立花党員にとって)重要なネタバレになるので、色を変えてお送りします。


立花党員大歓喜の名シーン降臨。 クライマックスにふさわしいやり取り。蘇芳さん、気付いて!立花がどれだけ、あなたを支えてきたか!!

そして事案発生?蘇芳×立花。 


ついに来た……。長年待ち望んだこの瞬間、この展開。FLOWERS冬編最高!!イノグレさんありがとう♪待ってた甲斐がありました。CGщ(゚Д゚щ)カモーン!!



とREC待機していたら、通常運転の蘇芳さんでした( ˘ω˘)スヤァ


蘇芳さん、何してんのー!!。悲しいけれどこれ現実なのよね……。立花のテンションupからのdownが、愛らしくてここも何度も再生しました

E立花の髪飾り 効果・立花の様な勇気が湧いてくる

ヨゼフ座


えりか様の衣装&配役が最高に似合っている件(主人公を助ける役だからね)。そして、えりか様、蘇芳に対して怒涛のデレ。

何と突然の告白(白目)

えりか様、チドリンが聞いてたら、嫉妬マスクに変身ってレベルじゃないですよ。

演目に関しては、もう素晴らしいの一言。配役はピッタリでしたね。チドリンは格好いいし、苺&林檎も個性に合ってましたし、立花に至っても納得のポジション。特に石蕗さんの似合いっぷりは、笑みがこぼれました。キャストの熱演も相最高でしたね。

そして、あの演出。あれを考えた人は天才。何という、不意打ち。また、FLOWERS冬編に泣かされました(´;ω;`)ウッ…

初めてマユリにときめきました←ネタバレなので反転

???

やっと一週目のエンドにたどり着きましたー!!!!!!   

あ、あれ、これは、うん?そんなっ、あってはならないっ、こんなことがっ……。

FLOWERS 冬篇 攻略日記6 感想まとめ

一週目でバッドエンディングを用意とは、イノグレさんの変化球きましたね。周回ゲーで伏線が回収しきれてないのは、FLOWERSの仕様だから仕方ありません。それはまだ俺たちの冬編はこれからだー!!で、よしとしましょう。

でも、私的大問題なのは―

ここまでで、たまちゃんが登場しないこと(顔面蒼白)

おそらく二週目のどこかでルートが分岐して登場。もしくは黄色ルートで登場なのかもしれませんね。

ということで、もう一度青ルートを進めたら何か変化があるかもしれないので、そっちを攻略していきましょうか。冬篇、最大の目標である立花ルートはメインディッシュなので、一番最後に楽しむとプランでいきます。

それでは攻略日記7でお会いしましょう♪

     にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 百合道を極めるポチをお願いします

FLOWERS冬篇 攻略日記5 感想 ネタバレ注意

FLOWERS冬篇 攻略日記5 感想 ネタバレ注意をお送りします。  

物語は急速に動き出したchapter4は驚愕の引きでした。 あんな引きを見せられたら、chapter5まで通してプレイするしかないじゃない!!(まど☆マギはさやかちゃん推し)

くま子「久しぶりにゲームで徹夜しそうになりました」
     ダウンロード (13)
読者「さすが猪突猛進の立花党員だな」

image  

FLOWERS 冬篇 chapter5 攻略 感想 ※ネタバレ注意

さてさて、今回もchapter5の流れに沿って(場面orシーンの区切りごとに)、感想を書き出していきます。初回ルートはひたすら青を選択していきます。  

当ブログの推しメンは花菱立花となっております。   

※核心に近い部分には触れませんが、それ以外のネタバレを含むので未プレイの方は注意です。

教室


さすがに昨日のことはたまちゃんには言えないですね。空気を読んだ蘇芳、グッジョブ。chapter5にて、ついにたまちゃんが登場するということでおk? 

教室に入った瞬間に、怒りのチドリンに詰問されて胃が痛い。しかも、何か妙な勘違いされてるし。違う、そうじゃないの!でも、言えないもどかしさ

というか、何でみんな知ってるのかと思ったら『苺、独自の情報網』。恐るべし苺ネットワーク。

険悪な雰囲気を押さえたのは林檎でナイスフォロー。それでも感情を抑えきれないチドリンから、蘇芳を守ったのは頼れるアミティエ立花。 お姫様を守る騎士に見えました。

食堂~教室


クラスで孤立している蘇芳。そんなのを気にせず、蘇芳を信頼しいつも通りに接してくる苺&林檎。本当にいい子たちです(´;ω;`)ウッ…    

春篇のいたずらは忘れてないけどね←

えりかさま&チドリンの部屋

えりか様あああああ!良かった、本当に良かった(´;ω;`)ウッ…。

あんなことがありながらも、蘇芳を助けたいというえりか様の気持ち。これは間違いなく愛ですねぇ。

ここでもひたすら蘇芳を支えようとする立花が本当に涙ぐましい。ちゃっかり、手を握ったっていいじゃない。その後のセリフが

立花『泣くことなんてない。私たちは―』

ありがとうございます。どうみても告白です。立花のセリフがあまりにも素晴らしいので、冬篇は何十回もセリフを聴き直してゲームが進みません。立花のイメージにピッタリな明島ゆうりさんのボイス&演技が最高でございます。

夜の校舎


謎に迫るために夜の校舎に侵入。 

幽霊の話になり怖くなった立花が蘇芳に抱き着いてしまうシーン。その時のセリフがマーベラス!!声にならない、『お願い』。立花ファンなら何度も聴き返してしまう、そんな可愛さがありました。

立花&蘇芳の部屋でお茶会~怪談


みんなの規範にならないといけないから、お茶会はちょっと……。と言っていた立花も、チドリン、さらには蘇芳のお願いで、お茶会を開くことに。

ところが、チドリン&林檎がいたために怪談話に移行。ここのCGも、とても可愛いかったです。ちゃっかり蘇芳の腕に抱き着いて怖がる立花萌え。 

林檎の順番で引きとか、イノグレさんずるい!恐らく続きは特典のCDで聴けるのかな。 

教室~食堂


ここで冬篇のイベントとなるであろう、3年生の送別会の演劇の演目が決定。配役が絶妙すぎて吹きました。 立花党員であれば、やっぱりチドリンの役を立花が演じる所が見たかったですね。

一番適任だと思ったのが、新キャラ石蕗さんの配役でしょう。このためだけに召喚されたと思わざるを得ません。

それがなぜかわかってない蘇芳に対してのえりか様のツッコミもNice。お互いの役にツッコミを入れ合うちどえり。本当にもうラブラブで妬けますね。

立花&蘇芳の部屋


コーヒーのうほうが一杯当たりのカフェインの量が多いことを知って、衝撃を受ける立花のリアクションにクスッとなりました。そんなにショックだったのね。

チドリンに意地悪をするえりか様。蘇芳と立花様からフルボッコ。 そんなえりか様へ、チドリンは『今日は一緒の―』。

妬けちゃうなー、もーもーもー!!!!!!

そのセリフを聴かないフリをしていた立花と蘇芳。きっと、その夜の立花は妄想しすぎて、翌日は寝不足になっていたことでしょう。

ここでさらにえりか様のバスキア教諭に対する思いが伺えました。えりか様にとって、バスキア教諭と蘇芳は特別なんですねぇ。

寄宿舎前


謎を解明するために強引な手段に出るも、あの二人組の妨害に合ったシーン。またお前らか。なんという週刊少年ジャンプ的展開。昨日の友が今日の敵。

心配した蘇芳とえりか様が見つめ合って……。そろそろ、チドリンは本気で怒ってもいい。 

えりか様サイド


再度2人組と対決。燃える展開。でも、胃がキリキリするぅー!!。
  

ひりついた空気と、緊張感のあるやり取り。声優さんの演技に釘付けになりました。

FLOWERS 冬篇 攻略日記5 感想まとめ

とにかく、えりか様回でしたね←    

とういうか、えりか様がいなかったらFLOWERSという物語は、ここまで辿り着けずBAD ENDで終わっていたんじゃないかな。 

送別会の演目ですが、ちらっとTwitterでネタバレを見てしまったんですよ。慌てて目を逸らしたのですが、見てしまったもは仕方ない。そうか、今回は演劇があって演目は『鉢かぶり姫』  なんだと思っていたら、かぶり違いで噴きました。

FLOWERSの雰囲気に合わなくて、おかしい演目だなと思ってはいましたが、その謎は全て溶けた。

立花サイドの手紙の謎は解けたものの、相変わらず継母の幻影ラッシュが謎です。あと、春篇で譲葉を殴打した犯人も不明。そしてなにより

私のたまちゃんはどこですか?

こんなに名前が出てるのに、なかなか現れてくれない。きっと、キーパーソンなんですね。chapter6で会えることを期待して、次回のFLOWERSプレイ日記でお会いしましょう。

    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 百合道を極めるポチをお願いします

FLOWERS冬篇 攻略日記4 感想 ネタバレ注意

FLOWERS冬篇 攻略日記4 感想 ネタバレ注意をお送りします。 

早いものでchapter4ということで、物語は折り返し地点かと思います。冬篇は本当に立花の出番が多くて、立花党員に取ってはシリーズ最高作品なのですよ(林檎風)。

くま子「マユリを助けるという目的を忘れてるのは私です」
    ダウンロード (13)
マユリファン「殴っていい?」
※立花党員は周りが見えなくなる傾向があるようです。


FLOWERS 冬篇 chapter4 攻略 感想 ※ネタバレ注意

さてさて、今回もchapter4の流れに沿って(場面orシーンの区切りごとに)、感想を書き出していきます。初回ルートはひたすら青を選択していきます。 

今回は色々あったので記事のボリュームがすごいことになってます。当ブログの推しメンは花菱立花となっております。  

※核心に近い部分には触れませんが、それ以外のネタバレを含むので未プレイの方は注意です。

教室


ちょっとした誤解から、ラブレターの話題になって墓穴を掘る苺&林檎。春篇でいたずらしてましたねシリーズが終わりに近づいているのを感じちゃいました(しみじみ)。

ここで、えりか様も過去にラブレターをもらったことが判明。すかさず、詰め寄るチドリンの嫉妬っぷりが可愛かったですね。えりか様と蘇芳の事案を見られていなくて、本当に良かったです。

イズニク


チドリンが秘密の約束を速攻で破ってて吹きました。大好きなえりかに隠し事なんてできないから仕方ないね。

ここでもえりか様と蘇芳の事案発生。まさか、チドリンの目の前で見せつけるとは。蘇芳、恐ろしい子……。すかさず、ヤキモチからチドリンも私にも頂戴。ニヤニヤが止まらないシーンでした。 

教室~校庭


朗読劇の配役を選ぶシーン。あー!!蘇芳がついにチドリンを泣かせた!!と思ったら……。さすがチドリン役者であり、えりかのパートナーだけあるっ……。

校庭


朗読劇をしようと言った真意は、立花を元気づけるためと蘇芳に打ち明ける苺。本当に成長したねぇ……。

ここでも蘇芳が苺をたらす行為に出ましたー!!

蘇芳×苺。これはCGで見たかったシーン。ちょ、知らずのうちにじゃないよ!!しかも、立花&林檎の前で!!嫉妬の炎である意味、立花も元気になったのかな?嫉妬の立花を見てニヤニヤの林檎にもクスッとなりました。。

聖堂


朗読劇を行う上級生と顔合わせするシーン。

ここでも萩原先輩と外間先輩が登場。朗読劇要員でもあったんですね 小動物系の外間先輩の仕草にほっこりしました。というか、外間先輩は朗読のほうは大丈夫なのかな。

カエルの王様で譲葉と腹グロ金髪癒し系のネリーを思い浮かべる蘇芳。エスパー化?

バレンタインの聖堂


朗読劇が休みというのを伝えるためだけに、暖房の効かない聖堂で蘇芳を待っていた立花は天使。


立花と蘇芳が二人っきりで朗読の練習をしてて、それだけでもキュン死にしそうだったのに―

ここで立花×蘇芳の事案発生!!!!!!

えんだああああ、いああああー♪立花党員、大歓喜のCGいただきましたー!!ついに、蘇芳のたらしが立花に向けられました。さらに立花を言葉責め。何てことをしてくれるんですか。もっとお願いします。

もうこれは立花ルート=トゥルーエンド。それ以外は認めませんよ!!

立花&蘇芳の部屋


ある事件の容疑が蘇芳にかかって、みんなでその誤解を解こうというシーン。

蘇芳のことなので熱くなってしまった名探偵えりか様。それを落ち着ける林檎。良いコンビですね。

また、立花に至っては自分が頼ってもらえなかったことにショックを受けるも、えりか様のナイスフォロー。みんないい子ばっかりで目頭が熱くなりました。

名探偵えりか様視点


なんと今回はえりか様の視点もありました。お得意のスキルも発動。

しかし、事件解決への突破口を開いたのは我らが立花!!しかも、そのお礼を言う時にまた蘇芳がたらし発動した模様。

朗読劇


外間先輩の変わり身に驚いた人は挙手!
 

萩原先輩は大丈夫と思っていましたが、外間先輩があんな演技をなさるとは思ってもいませんでした。ある意味、冬篇ここまでで最大の驚きです。

朗読劇の配役はぴったりでしたね!みんなハマってましたけど、やっぱり主役を演じる立花の声が役のイメージ通りでした。贅沢を言えば通して、全部見たかったですね♪

夜の図書室


えりか様、本当に心臓に悪くてびっくりしました。危うく物語がオカルト路線にいくかと思いました。
 

ここでまさかのキャラが登場( ゚Д゚)

そして、アングレカム学院の頼れる相談役であり、このゲームの中の良心であるえりか様があああああ!!!!!!!

絶対に許さない!!絶対にだ!! 

立花サイド

どうやら手紙ということが判明。いや、もうそんなことよりえりか様があああ(´;ω;`)ウッ…

FLOWERS 冬篇 攻略日記4 感想まとめ

えりか様のことで全てが吹っ飛びました←   

chapter4ということで、起承転結の転の部分で物語に動きがあるとは予想してはいましたが、まさかあんなことになるとは……。

今回の謎解き一回失敗しました。 

相変わらず継母の幻影ラッシュは謎なことを言うし、蘇芳の名前にも何か秘密がある模様。立花サイドのモノローグは誰かが書いた手紙のようですね。

えりか様のが気になって仕方ないので、すぐにchapter4に移りたいと思います。ハリー、ハリー!  

  にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 百合道を極めるポチをお願いします

FLOWERS 冬篇 攻略日記3 感想 ネタバレ注意

FLOWERS冬篇 攻略日記3 感想 ネタバレ注意をお送りします。 

意外なことにchapter2で、新キャラが登場。早くたまちゃんが登場しないかと、今からウキウキしています。
くま子「スピンオフ作品出そうな気がしませんか?」
    ダウンロード (13)
読者「出て欲しいね!!」


FLOWERS・冬篇公式サイトはこちら♪※若干ネタバレがあるかもです(;´・ω・)

FLOWERS 冬篇 chapter3 攻略 感想 ※ネタバレ注意

今回もchapter3の流れに沿って(場面orシーンの区切りごとに)、感想を書き出していきます。初回ルートはひたすら青を選択していきます。 当ブログの推しメンは花菱立花となっております。  

※核心に近い部分には触れませんが、それ以外のネタバレを含むので未プレイの方は注意です。

教室


謎を追うのと、ニカイアの会で忙しひ日々を送る蘇芳。そんな蘇芳の、どこが変わったかとえりか様が仲間に聞くシーン。

えりか様がどれだけ蘇芳をよく見て、想っているかが伝わってきましたね。チドリン、ここは嫉妬していいところ。 さらに、えりか様から立花へ―

『お前以外の奴が攫っていくなんて許さないからな』いただきましたー!!

えりか様公認なら、立花エンド=トゥルーエンドでよろしいですよね?

食堂


仲間内以外の人と仲良くなっていく蘇芳を見て、自分が蘇芳にとって必要な存在か悩んでしまう立花。 恋人にはなれないけれど、大切なアミティエである蘇芳にとっての1番でいたい。いじらしくて切なくなりました。

こういうザ・女の子チックな部分が、立花の魅力だと思います。重いとか言う人はケツ年鑑されれば良いと思います。 

調理室


オリエンテーションで悩む立花を助ける苺と林檎。

ここでも蘇芳のたらしが炸裂!!!!!! 

苺を抱きしめて頭ナデナデ入りましたー!!。羨ましそうにしている立花にも、今後そんなシーンがあるはずっ……。 

ヨゼフ座


ヨゼフ座にて元気がないように見える立花を励ますために、苺、林檎、蘇芳が取った行動は……。

最高すぎて涙出てきました(´;ω;`)ウッ…

もしかして、冬篇、本当に立花がトゥルーエンドですか?ここまでしてるんだから、トゥルーはなくても、素敵なエンドですよね? 

立花&蘇芳の部屋


2人っきりのラブラブのお茶会!!
。 で良い雰囲気。さらに発展するのかと思いきや、立花曰く最近は忙しくて……。

あれ?さっき、ニカイアの件は片付かなかったっけ?何かの伏線かもですね。メモメモ。 

???

チドリンのお誕生日会。

えりか様、何という素敵なプレゼントなんですか!!これはチドリンも大歓喜なのが伝わってきましたね。 チドリンがみんなと打ち解けて、お誕生日会をするようになるなんて想像もつかなかったですね。成長したんだねぇ(しみじみ)。

立花サイド

ここでも立花サイドの演出発生。日記を読んでいるっぽいですね。マユリの持ち物?でも、蘇芳がひざをトントンする癖なんてありましったけ?

FLOWERS 冬篇 攻略日記3 感想まとめ

もう立花ルート=トゥルーエンドでしょ?←   

まさか、あんな展開が待っているとは思いませんでした。立花が本当に嬉しいのが伝わってきて泣きましたね。ぶっちゃけ、chapter1のウサギ小屋のとこですでに泣きました。 

今回は謎解きはなしでした。さらに残念なことにたまちゃんの出演もなし。 

疑問になっている立花サイドのは、誰かの日記っぽいですね。マユリのかなと思いましたけど、う~ん、違うかな?

次のchapter4では、どんな事件が待ち受けているのか楽しみです。  

       にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 百合道を極めるポチをお願いします
お問い合わせはTwitterかコメでお願いします
作品・キーワード検索
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』
カテゴリー別百合漫画一覧
最新コメント
この社会人百合漫画がすごい!
この社会人百合漫画がすごい!
この社会人百合漫画がすごい!
2017年この百合漫画がすごい!
2017年イチ押し百合漫画
2017イチ推し百合漫画
FLOWERS冬篇
百合道を極めし者の数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: